第53回グラミー賞

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
第53回グラミー賞
受賞対象2010年度の音楽作品
開催日2011年2月13日 (2011-02-13)
会場ステイプルズ・センター, LA, CA
アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
主催NARAS
テレビ/ラジオ放送
放送局アメリカ合衆国の旗 CBS
日本の旗 WOWOW, InterFM

第53回グラミー賞 (53rd Grammy Awards) は2011年2月13日ステイプルズ・センター(一部、部門はロサンゼルス・コンベンションセンター)で発表された。テレビは例年通りCBSで放送され、日本ではWOWOWInterFMミュージックバードで放送された[1]。ノミネートは2010年12月1日午後7時 (PST) にクラブノキアで発表された。

受賞・候補[編集]

受賞は各部門最上段に太字のもの[2]

総合(主要4部門)[編集]

年間最優秀レコード賞
年間最優秀アルバム賞
年間最優秀楽曲賞
最優秀新人賞

ポップ[編集]

最優秀女性ポップ・ボーカル・パフォーマンス
最優秀男性ポップ・ボーカル・パフォーマンス
最優秀ポップ・パフォーマンス(デュオもしくはグループ)
最優秀ポップ・コラボレーション
最優秀ポップ・インストゥルメンタル・パフォーマンス
最優秀ポップ・インストゥルメンタル・アルバム
最優秀ポップ・ボーカル・アルバム

ダンス[編集]

最優秀ダンス録音

最優秀エレクトロニック/ダンス・アルバム

トラディショナル・ポップ[編集]

最優秀トラディショナル・ポップ・ボーカル・アルバム

ロック[編集]

最優秀ソロ・ロック・ボーカル・パフォーマンス
最優秀ロック・パフォーマンス(デュオもしくはグループ)
最優秀ハードロック・パフォーマンス
最優秀メタル・パフォーマンス
最優秀ロック・インストゥルメンタル・パフォーマンス
最優秀ロック・ソング
最優秀ロック・アルバム

オルタナティヴ[編集]

最優秀オルタナティヴ・ミュージック・アルバム

R&B[編集]

最優秀女性R&Bヴォーカル・パフォーマンス

最優秀男性R&Bヴォーカル・パフォーマンス

最優秀ヴォーカル・パフォーマンス(デュオもしくはグループ)

最優秀トラディショナルR&Bヴォーカル・パフォーマンス

最優秀アーバン/オルタナティブ・パフォーマンス

最優秀R&Bソング

最優秀R&Bアルバム

最優秀コンテンポラリーR&Bアルバム

ラップ[編集]

最優秀ラップ・パフォーマンス

最優秀ラップ・パフォーマンス(デュオもしくはグループ)

最優秀ラップ・ソング・コラボレーション

最優秀ラップ・ソング

最優秀ラップ・アルバム

カントリー[編集]

最優秀カントリー・ボーカル・パフォーマンス(女性)

最優秀カントリー・ボーカル・パフォーマンス(男性)

最優秀カントリー・ボーカル・パフォーマンス(デュオもしくはグループ)

最優秀カントリー・コラボレーション(ボーカルあり)

最優秀カントリー・インストゥルメンタル・パフォーマンス

最優秀カントリー・ソング

最優秀カントリー・アルバム

ニューエイジ[編集]

最優秀ニューエイジ・アルバム

ジャズ[編集]

最優秀コンテンポラリー・ジャズ・アルバム

最優秀ジャズ・ボーカル・アルバム

最優秀インプロヴァイズド・ジャズ・ソロ

最優秀ジャズ・インストゥルメンタル・アルバム

最優秀ラージ・ジャズ・アンサンブル・アルバム

最優秀ラテン・ジャズ・アルバム

ゴスペル[編集]

最優秀ゴスペル・パフォーマンス
最優秀ゴスペル・ソング
最優秀ロックもしくはラップ・ゴスペル・アルバム
最優秀ポップ/コンテンポラリー・ゴスペル・アルバム
最優秀サザン、カントリーもしくはブルーグラス・ゴスペル・アルバム
最優秀トラディショナル・ゴスペル・アルバム
最優秀コンテンポラリーR&Bゴスペル・アルバム

ラテン[編集]

最優秀ラテン・ポップ・アルバム
最優秀ラテン・ロック、オルタナティヴもしくはアーバン・アルバム
最優秀トロピカル・ラテン・アルバム
最優秀テハーノ・アルバム
  • 『Recuerdos』 – Little Joe & la Familia

アメリカン・ルーツ[編集]

最優秀アメリカーナ・アルバム
最優秀ブルーグラス・アルバム
最優秀トラディショナル・ブルース・アルバム
最優秀コンテンポラリー・ブルース・アルバム
最優秀トラディショナル・フォーク・アルバム
最優秀コンテンポラリー・フォーク・アルバム
最優秀ハワイアン・ミュージック・アルバム
最優秀ネイティブ・アメリカン・ミュージック・アルバム
  • 『2010 Gathering of Nations Pow Wow: A Spirit's Dance』 – Various Artists。Derek Mathews、Dr. Lita Mathews、Melonie Mathews(プロデューサー)。
最優秀ザディコもしくはケイジャン・ミュージック・アルバム

レゲエ[編集]

最優秀レゲエ・アルバム

ワールドミュージック[編集]

最優秀トラディショナル・ワールドミュージック・アルバム
最優秀コンテンポラリー・ワールドミュージック・アルバム

チルドレンズ[編集]

最優秀ミュージカル・アルバム(子供向け)
最優秀スポークン・ワード・アルバム(子供向け)

スポークン・ワード[編集]

最優秀スポークン・ワード・アルバム

コメディ[編集]

最優秀コメディ・アルバム

ミュージカル・ショー[編集]

最優秀ミュージカル・ショー・アルバム

映画、テレビ、その他ビジュアルメディア向け[編集]

最優秀コンピレーション・サウンドトラック(映画、テレビ、その他ビジュアルメディア向け)
最優秀スコア・サウンドトラック・アルバム(映画、テレビ、その他ビジュアルメディア向け)
最優秀楽曲(映画、テレビ、その他ビジュアルメディア向け)

作曲・編曲[編集]

最優秀インストゥルメンタル作曲
  • "The Path Among the Trees" – ビリー・チャイルズ(作曲者)(『Autumn: In Moving Pictures (Jazz-Chamber Music Vol. 2)』所収)
最優秀インストゥルメンタル編曲
最優秀インストゥルメンタル編曲(ボーカリストあり)

パッケージ[編集]

最優秀録音パッケージ
最優秀ボックスドもしくは特別限定版パッケージ

アルバム・ノーツ[編集]

最優秀アルバム・ノーツ

ヒストリカル[編集]

最優秀ヒストリカル・アルバム

制作(非クラシカル)[編集]

最優秀エンジニアド・アルバム(非クラシカル)
プロデューサー・オブ・ザ・イヤー(非クラシカル)
最優秀リミックスド録音

制作(サラウンド・サウンド)[編集]

最優秀サラウンド・サウンド・アルバム
  • マイケル・スターンKansas City Symphony『ブリテン:青少年のための管弦楽入門(Britten's Orchestra)』- Keith O. Johnson(サラウンド・ミックス・エンジニア)。Keith O. Johnson(サラウンド・マスタリング・エンジニア)。David Frost(サラウンド・プロデューサー)。

クラシック[編集]

最優秀インストゥルメンタル・ソリスト演奏賞

ミュージック・ビデオ[編集]

最優秀短編ミュージック・ビデオ
最優秀長編ミュージック・ビデオ

特別賞[編集]

ミュージケアーズ・パーソン・オブ・ザ・イヤー

脚注・出典[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ Grammy Awards producer John Cossette dies at 54 - Entertainment - Music - TODAY.com”. web.archive.org (2011年4月30日). 2020年11月24日閲覧。
  2. ^ 53rd Annual GRAMMY Awards” (英語). GRAMMY.com (2017年11月28日). 2020年11月24日閲覧。

外部リンク[編集]