第53回グラミー賞

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
第53回グラミー賞
受賞対象 2010年度の音楽作品
開催日 2011年2月13日 (2011-02-13)
会場 ステイプルズ・センター, LA, CA
アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
授与者 NARAS
テレビ/ラジオ放送
放送局 アメリカ合衆国の旗 CBS
日本の旗 WOWOW, InterFM

第53回グラミー賞 (53rd Grammy Awards) は2011年2月13日ステイプルズ・センター(一部、部門はロサンゼルス・コンベンションセンター)で発表された。テレビは例年通りCBSで放送され、日本ではWOWOWInterFMミュージックバードで放送された。

候補[編集]

候補は2010年12月1日午後7時 (PST) にクラブノキアで発表された。以下は受賞者と候補リストである[1]

主要4部門[編集]

年間最優秀レコード賞
ニード・ユー・ナウ 〜いま君を愛してる - レディ・アンテベラム
年間最優秀アルバム賞
The Suburbs - アーケード・ファイア
年間最優秀楽曲賞
ニード・ユー・ナウ 〜いま君を愛してる - レディ・アンテベラム
最優秀新人賞
エスペランサ・スポルディング

特別賞[編集]

パーソン・オブ・ザ・イヤー
バーブラ・ストライサンド

ポップ[編集]

最優秀ポップボーカルアルバム賞
レディー・ガガ『ザ・モンスター
最優秀ポップ・インストゥルメンタル・アルバム賞
ラリー・カールトン & 松本孝弘TAKE YOUR PICK

ロック[編集]

最優秀ロックアルバム
ミューズザ・レジスタンス

R&B[編集]

最優秀女性R&Bヴォーカルパフォーマンス
"Bittersweet" - ファンテイジア
最優秀男性R&Bヴォーカルパフォーマンス
"There Goes My Baby" - アッシャー
最優秀トラディショナルR&Bヴォーカルパフォーマンス
"Hang On in There" - ジョン・レジェンドザ・ルーツ
最優秀アーバン/オルタナティブパフォーマンス
"Fuck You" - シーロー・グリーン
最優秀R&Bソング
"Shine" - ジョン・レジェンドザ・ルーツ
最優秀コンテンポラリーR&Bアルバム
『レイモンド V レイモンド』- アッシャー
最優秀R&Bアルバム
『ウェイク・ アップ!』- ジョン・レジェンドザ・ルーツ

ラップ[編集]

最優秀ラップ・パフォーマンス
エミネム "Not Afraid"『リカヴァリー』所収
最優秀ラップ・ソング・コラボレーション
ジェイ・Zアリシア・キーズエンパイア・ステイト・オブ・マインド
最優秀ラップ・ソング
ジェイ・Zアリシア・キーズエンパイア・ステイト・オブ・マインド
最優秀ラップ・アルバム
エミネムリカヴァリー

ニューエイジ[編集]

最優秀ニューエイジアルバム賞
ポール・ウィンター コンソート『ミホ:ジャーニー・トゥー・ザ・マウンテン』

ジャズ[編集]

最優秀コンテンポラリー・ジャズ・アルバム
スタンリー・クラーク・バンド『スタンリー・クラーク・バンド フィーチャリング 上原ひろみ
最優秀ジャズ・ボーカル・アルバム
ディー・ディー・ブリッジウォーターEleanora Fagan (1915-1959): To Billie with Love from Dee Dee Bridgewater
最優秀インプロヴァイズド・ジャズ・ソロ
ハービー・ハンコック "A Change Is Gonna Come"
最優秀ジャズ・インストゥルメンタル・アルバム
ジェームス・ムーディ英語版『ムーディ4B(Moody 4B)』
最優秀ラージ・ジャズ・アンサンブル・アルバム
ミンガス・ビッグバンド『Mingus Big Band Live at Jazz Standard
最優秀ラテン・ジャズ・アルバム
チューチョ・バルデース&ジ・アフロキューバン・メッセンジャース『Chucho's Steps

レゲエ[編集]

最優秀レゲエ・アルバム
ブジュ・バントン『Before the Dawn』

映画/テレビ/ヴィジュアル・メディア[編集]

最優秀サウンドトラック・アルバム
トイ・ストーリー3

クラッシック[編集]

最優秀インストゥルメンタル・ソリスト演奏賞
内田光子 モーツァルトピアノ協奏曲第23番第24番

脚注・出典[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ GRAMMY.com

外部リンク[編集]