芝祐靖

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
芝 祐靖
Sukeyasu Shiba cropped 2 Sukeyasu Shiba 201711.png
文化勲章受章に際して
公表された肖像写真
基本情報
生誕 (1935-08-13) 1935年8月13日
出身地 日本の旗 日本 Tokyo
ジャンル 雅楽
職業 雅楽楽師
公式サイト 雅楽 伶楽舎 公式サイト
宮内庁楽部

芝 祐靖(しば すけやす、1935年8月13日 - )は、雅楽家(楽家)、日本芸術院会員。東京都出身。芸術院会員芝祐泰の三男。筆名=祁笛(キテキ) [1]。伶楽舎音楽監督、国立音楽大学招聘教授[2]。雅楽家として初めて文化勲章を受章した。

出自[編集]

狛氏の一族で代々続く雅楽楽師家柄。祖父・芝祐夏の代から宮内庁楽部で楽師を務める[3]。自身も10歳から横笛や琵琶などを習う[4]。雅楽に仕える一方でオーケストラ作品も作曲している[5]

経歴[編集]

著書[編集]

ディスコグラフィー[編集]

  • 『復元正倉院楽器のための 敦煌琵琶譜による音楽』伶楽舎 2011年。
  • 『古典雅楽様式による雅楽組曲「呼韓邪單于」 -王昭君悲話-』伶楽舎 2011年。
  • 『幻遥 オーケストラ作品集』日本伝統文化振興財団 2016年。 芝祐靖作曲、十束尚宏指揮、オーケストラ・アンサンブル金沢

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 日外アソシエーツ現代人物情報
  2. ^ 日外アソシエーツ現代人物情報
  3. ^ 日外アソシエーツ現代人物情報
  4. ^ 日外アソシエーツ現代人物情報
  5. ^ 『幻遥』発売に際して(じゃぽブログ)
  6. ^ 日外アソシエーツ現代人物情報
  7. ^ 日外アソシエーツ現代人物情報
  8. ^ 読売人物データベース
  9. ^ 読売人物データベース