岩田正巳

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

岩田 正巳(いわた まさみ、1893年明治28年)8月11日 - 1988年昭和63年)3月9日)は、日本画家日本芸術院会員。

新潟県出身。1918年(大正2年)東京美術学校日本画科卒、松岡映丘に師事。新興大和絵運動に参加(1921年(大正10年)に新興大和絵会を結成)。帝展に出品、1930年(昭和5年)特選、1937年(昭和12年)国画院に参加。文展に出品、1939年(昭和14年)同志と日本画院設立。1952年(昭和27年)日展運営会参事。1958年(昭和33年)同評議員、1961年(昭和36年)日本芸術院賞受賞。1971年(昭和46年)勲四等旭日小綬章。1977年(昭和52年)日本芸術院会員、1978年(昭和53年)日展顧問。1979年(昭和54年)勲三等瑞宝章受章。

歴史画を得意とし挿画も手がけた。

画集[編集]

  • 花鳥春秋 岩田正巳オリジナル石版画集 毎日新聞社 昭和54(1979)
  • 岩田正巳画集 美術出版協会 昭和58(1983)