亀井忠雄

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

亀井 忠雄(かめい ただお、1941年12月1日[1] - )は、能楽師葛野流大鼓方)。人間国宝重要無形文化財保持者各個認定)[2]。配偶者は歌舞伎囃子方九代目田中佐太郎東京都出身[1]日本大学芸術学部卒業[1]。2004年、紫綬褒章受章[3]。2012年、旭日小綬章受章[4]2019年、能楽の最高秘曲「姨捨」をはじめとする様々な曲趣を奏する卓越した技法による舞台成果により、日本芸術院賞恩賜賞受賞。同年、日本藝術院会員[5]

脚注[編集]

  1. ^ a b c 『読売年鑑 2016年版』(読売新聞東京本社、2016年)p.538
  2. ^ 文化庁 | 文化財 | 文化財の紹介 | 文化財選集 | 重要無形文化財 | 能囃子方大鼓”. 2012年9月26日閲覧。
  3. ^ 会員候補者略歴・賞歴等
  4. ^ 会員候補者略歴・賞歴等
  5. ^ 会員候補者略歴・賞歴等