鈴木翠軒

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

鈴木 翠軒(すずき すいけん、1889年〈明治22年〉1月5日 - 1976年〈昭和51年〉9月26日)は、愛知県生まれの書家文化功労者。旧姓は長尾、本名は春視(はるみ)、翠軒

経歴・業績[編集]

愛知県渥美郡堀切村(現在の田原市堀切町)に生まれる。愛知県立第四中学校(現在の愛知県立時習館高校)を卒業後、地元の小学校の教員となるが、周囲の勧めで書道を深めていくことを志して上京、丹羽海鶴に師事した。こののち、二松學舍専門学校卒。晋代初唐の楷書を研究し、嵯峨天皇空海良寛に造詣が深く、淡墨で知られる。小中学校の書道教育に参加し、国定甲種小学書方手本を揮毫した。1957年日本芸術院賞受賞、1968年文化功労者。弟子としては、中川雨亭(国際アカデミー賞受賞、室戸市名誉市民)が有名である。

略年譜[編集]

著作[編集]

  • 『翠軒先生書談』 赤城出版社、1936年
  • 『剪燭帖』 新興日本書道会、1940年
  • 『剪燭庵流萍集』 晩翠軒出版部、1942年
  • 『人麿三十一歌』 日華書房、1943年
  • 『新説和漢書道史』、1945年(伊東参州共著)
  • 『書人翠軒』 二玄社、1961年
  • 『翠軒楷書帖』 五禾書房、1962年
  • 『翠軒近作集』 二玄社、1965年
  • 『白妙』 岡村多聞堂、1966年
  • 『鈴木翠軒の書』 教育書籍、1983年

脚注[編集]

  1. ^ 日本芸術院賞受賞の際、昭和天皇から、「これはどういう書風ですか」との問いかけに、翠軒は、「嵯峨天皇李嶠詩を8年、空海を40年、羲之を40年、良寛を25年習い、これらのものが入り混じっています」と答えたという有名なエピソードがある。

関連項目[編集]

参考文献[編集]