浅蔵五十吉

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

浅蔵 五十吉(あさくら いそきち、1913年2月26日 - 1998年4月9日)は、日本陶芸家である。本名は与作(よさく)。

石川県能美郡寺井町(現能美市)生まれ。初代徳田八十吉、北出塔次郎等に師事。

1981年日本芸術院賞受賞[1]1984年日本芸術院会員、1992年文化功労者1996年九谷焼作家として初めてとなる文化勲章を受章した。

娘は、同じ九谷焼作家である浅蔵一華

1993年、故郷の寺井町に「浅蔵五十吉美術館」が開館した。設計は池原義郎

脚注[編集]

  1. ^ 『朝日新聞』1981年3月4日(東京本社発行)朝刊、22頁。