分部順治

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
男性像『想』(群馬県前橋市赤城山総合観光案内所に屋外展示)
女性像『麗』(群馬県前橋市、赤城山総合観光案内所に屋外展示)

分部 順治(わけべ じゅんじ 1911年1月6日 - 1995年3月1日[1])は、日本彫刻家

出身地[編集]

学歴[編集]

略歴[編集]

  • 1932年、第13回帝国美術院展覧会で「母と子」初入選
  • 1937年、第1回新文展「若い男」特選受賞
  • 1955年、第11回日展審査委員に就任
  • 1962年、日展評議員に就任
  • 1987年、日展理事に就任
  • 1988年、日展参事に就任

主な受賞歴[編集]

主な作品[編集]

  • 「硯」(東京国立近代美術館蔵)
  • 「宴」(総合電子計算センター蔵)
  • 「熊の平駅殉難慰霊の像」

脚注[編集]

  1. ^ 『「現代物故者事典」総索引 : 昭和元年~平成23年 2 (学術・文芸・芸術篇)』1205頁。
  2. ^ 『朝日新聞』1975年4月8日(東京本社発行)朝刊、18頁。

参考文献[編集]

  • 『「現代物故者事典」総索引 : 昭和元年~平成23年 2 (学術・文芸・芸術篇)』日外アソシエーツ株式会社、2012年。