前橋汀子

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

前橋 汀子(まえはし ていこ、1943年12月11日 - )は日本ヴァイオリニスト

来歴[編集]

白系ロシア人音楽教師の小野アンナと、桐朋学園子供のための音楽教室の斎藤秀雄に師事。少女時代に来日したヨーゼフ・シゲティダヴィッド・オイストラフの演奏会を訪れ、ヴァイオリニストの道を志す。中学生からロシア語を独学し、17歳でレニングラード音楽院に留学。1963年に一時帰国した後、新ウィーン楽派や同時代の音楽への興味から、ジュリアード弦楽四重奏団のロバート・マンに入門すべく渡米し、ニューヨーク州ジュリアード音楽院に留学、名伯楽で知られるドロシー・ディレイ教授にも師事。さらにニューヨークから渡欧して、スイスモントルーにてヨゼフ・シゲティナタン・ミルシテインの薫陶を受ける。シゲティ他界後もモントルーに暮らし、最晩年のチャップリンココシュカとも親交を結んだ。

国際的に活躍。ストコフスキーの指揮によりカーネギー・ホールでアメリカ・デビューを果たしたほか、ズービン・メータクルト・マズア小澤征爾クリストフ・エッシェンバッハら著名指揮者のもと、ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団ロサンジェルス・フィルハーモニッククリーヴランド管弦楽団などの一流オーケストラとも共演している。ロイヤル・フィルハーモニー管弦楽団チューリヒ・トーンハレ管弦楽団とは録音も行なってきた。

2004年日本芸術院賞受賞。

2007年エクソンモービル音楽賞受賞。

2011年6月、紫綬褒章受章[1]2017年4月、旭日小綬章受章。

妹の前橋 由子(まえはし ゆうこ、1945年11月17日 - 1999年2月18日)はピアニストで、コンサートやレコーディングで多く共演した。

演奏スタイル[編集]

恩師シゲティが捨てたロマンティックなレパートリー(チャイコフスキーブルッフシベリウス協奏曲、小品集)の演奏・解釈に特色がある。師シゲティミルシテインと同じく、J.S.バッハ無伴奏ヴァイオリンのためのソナタとパルティータを得意とする。レコードやCD制作も数多い。演奏それ自体に加えて、凛としたステージマナーや美しい容姿に惹かれて、ファンを公言する著名人(作家の深田祐介や演劇界の蜷川幸雄萩原健一加賀まりこら)は少なくない。

テレビ出演[編集]

出典[編集]

外部リンク[編集]