梅若恭行

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

梅若 恭行(うめわか やすゆき、1917年(大正6年)10月6日 - 2003年(平成15年)1月20日)は、シテ方観世流能楽師

二世梅若実の三男。父、兄の五十五世梅若六郎に師事。1921年『猩々』で初舞台、1926年『忠信』で初シテ。

1988年日本芸術院賞受賞。1992年日本芸術院会員。重要無形文化財「能楽」保持者に認定(総合認定)。能楽界における最長老、重鎮として活躍。

長男が梅若靖記

関連項目[編集]