梅若六郎 (54世)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

五十四世梅若六郎(うめわか ろくろう、1878年(明治11年)4月28日 - 1959年(昭和34年)8月16日)とは、観世流シテ方能楽師。二世梅若実

東京生まれ。初世梅若実の二男。兄に初世梅若万三郎。義兄・五十三世梅若六郎の準養子となり、梅若六郎家を継承。1948年隠居し、二世梅若実を襲名。1955年日本芸術院会員となる。

長男が五十五世梅若六郎

関連項目[編集]