楠部彌弌

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

楠部 彌弌(くすべ やいち、1897年(明治30年)9月10日 - 1984年(昭和59年)12月18日)は、陶芸家。京都市東山区生まれ[1]。本名は彌一[1]

作風は多技多彩で知られる。特に彩埏と名付けた釉下彩磁は独自のものである。また京焼の伝統を踏まえた色絵は優美と言われる[誰によって?]

略歴[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b c 楠部彌弌 東京文化財研究所 2018年7月19日閲覧。
  2. ^ 『朝日新聞』1954年3月16日(東京本社発行)朝刊、7頁。

関連項目[編集]