楠部彌弌

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

楠部 彌弌(くすべ やいち、1897年(明治30年)9月10日 - 1984年(昭和59年)12月18日)は、陶芸家。京都市東山区生まれ[1]。本名は彌一[1]

作風は多技多彩で知られる。特に彩埏と名付けた釉下彩磁は独自のものである。また京焼の伝統を踏まえた色絵は優美と言われる[誰によって?]

略歴[編集]

  • 1897年(明治30年)、楠部貿易陶器工場を経営する楠部千之助の四男として生まれる[1]
  • 1913年(大正2年)、京都市立陶磁器試験所特別科に学ぶ。
  • 1918年(大正7年)、赤土社結成に参加、作陶生活を開始。
  • 1924年(大正13年)、パリ万国博覧会に出品、受賞。
  • 1927年(昭和2年)、帝展初入選。
    • これ以後帝展、文展など官展で造形の新傾向開拓、後進の指導に尽力。
  • 1933年(昭和8年)、帝展で特選。燿々社結成。
  • 1936年(昭和11年)、パリ万国博覧会で受賞。
    • 1937年(昭和12年)より文展審査員。
    • 1946年(昭和21年)より日展審査員。
  • 1951年(昭和26年)、日展文部大臣賞受賞。
  • 1953年(昭和28年)、博埴会と青陶会を結成。
  • 1954年(昭和29年)、日本芸術院賞受賞[2]
  • 1962年(昭和37年)、日本芸術院会員。
  • 1978年(昭和53年)、文化勲章受章。
  • 1982年(昭和57年)、日本新工芸家連盟会長に就任。
  • 1984年(昭和59年)、京都で歿。

脚注[編集]

  1. ^ a b c 楠部彌弌 東京文化財研究所 2018年7月19日閲覧。
  2. ^ 『朝日新聞』1954年3月16日(東京本社発行)朝刊、7頁。

関連項目[編集]