安東聖空

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

安東 聖空(あんどう せいくう、1893年8月19日 - 1983年3月3日)は、日本の書家文化功労者。本名・正郎(まさお)。

来歴[編集]

兵庫県生まれ。1914年姫路師範学校(現在の兵庫教育大学)卒、1922年兵庫県立神戸第一高等女学校(現在の兵庫県立神戸高等学校)教諭。古筆かなをほぼ独学で学び、雑誌『かなとうた』を創刊、戦後、雑誌「正筆」を創刊、1948年日本書芸院副会長、1950年日展審査員、1951年兵庫県文化賞受賞、1954年日展参事。1958年日展評議員、1970年参与、1973年顧問。1961年日本芸術院賞受賞、1968年勲四等旭日小綬章受章、1972年日本芸術院会員、1974年勲三等瑞宝章受章、1980年文化功労者。

著書[編集]

  • 仮名書道研究叢書 全5巻 書芸文化院 1961-1962
  • 聖空作品集 二玄社 1965
  • 安東聖空 筑摩書房 1971 (現代書道教室)
  • 聖空百人一首 講談社 1977
  • 書のこころ 宇野雪村共著 柏書房 1979
  • かな古筆美の研究 全7巻 同朋舎出版 1980-1986

関連項目[編集]