井手宣通

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

井手 宣通(いで のぶみち、1912年(明治45年)2月1日 - 1993年(平成5年)2月1日)は、日本の洋画家熊本県上益城郡御船町出身[1]

帝展、新文展日展光風会などを中心に活躍。その後、自ら「日洋会」を組織し、戦後の洋画壇の刷新と、日本人の感性による新たな具象絵画の可能性を追求した。

熊本市現代美術館に、井手宣通記念ギャラリーがある。

来歴[編集]

出典[編集]

  1. ^ 熊本日日新聞社編纂『熊本県大百科事典』熊本日日新聞社、1982年、58頁
  2. ^ 熊本県立美術館編纂『熊本県の美術』思文閣出版、1995年

外部リンク[編集]