市川左團次 (3代目)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
さんだいめ いちかわ さだんじ
三代目 市川左團次
屋号 高島屋
定紋 松川菱に鬼蔦 Matsukawa-bishi ni Oni-zuta inverted.svg
生年月日 1898年8月26日
没年月日 (1969-10-03) 1969年10月3日(71歳没)
本名 荒川清
襲名歴 1. 四代目市川男寅
2. 四代目市川男女蔵
3. 三代目市川左團次
俳名 新車
六代目市川門之助(養父)
四代目市川左團次
当たり役
女鳴神』の鳴神尼
本朝廿四孝・十種香』の勝頼
盲長屋梅加賀鳶(加賀鳶)の松蔵
梅雨小袖昔八丈(髪結新三)の家主長兵衛
妹背山婦女庭訓・道行』の烏帽子折求女

三代目 市川左團次(さんだいめ いちかわ さだんじ、1898年明治31年)8月26日 - 1969年昭和44年)10月3日)は、大正から昭和中期の歌舞伎役者。本名は荒川清(あらかわ きよし)。屋号高島屋定紋三升に左(みますに ひだり)、替紋松皮菱に鬼蔦(まつかわびしに おにづた)。俳号は「新車」。

初代市川左團次から二代目市川左團次と相伝された男性的な力強い芸風とは大きく異なり、江戸っ子で門弟から芸一筋で出世し門閥の養子として大名跡を襲名した三代目は、様々な役割を器用にこなしながらも、あくまで脇に徹する手堅さを持ち、苦労に裏打ちされた存在感のある独特の風があった。戦後歌舞伎を盛りたてた名優の一人である。

略歴[編集]

受賞等[編集]

家族[編集]

役柄[編集]

立役

老役

  • 夏祭浪花鑑・泥場・蚤とり場』の三婦
  • 『直侍』の按摩丈賀
  • 野崎村』の久作
  • 「髪結新三」の家主長兵衛などの老役

女形

脚注[編集]

  1. ^ 『朝日新聞』1956年2月8日(東京本社発行)朝刊、7頁。