櫻間弓川

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
1947年

櫻間 弓川(さくらま きゅうせん、1889年明治22年)5月18日 - 1957年昭和32年)3月1日)は、シテ方金春流能楽師。元名、桜間金太郎

櫻間伴馬の次男。櫻間道雄は従兄弟。大正・昭和を代表する金春流の能楽師。長男は櫻間金太郎

1953年、東京水道橋能楽堂での「卒塔婆小町」の演技により日本芸術院賞を受賞[1]

櫻間金太郎[編集]

櫻間金太郎(1916年1月1日-1991年3月17日、本名櫻間龍馬)は能楽師(金春流シテ方)。櫻間弓川の長男。従来金春流が上演していなかった「正尊」「巻絹」を復曲、初演した。[2]

脚注[編集]

  1. ^ 『朝日新聞』1953年2月10日(東京本社発行)朝刊、7頁。
  2. ^ 日外アソシエーツ「20世紀日本人名事典」、2004年