寺内萬治郎

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

寺内 萬治郎(寺内 万治郎、てらうち まんじろう、1890年11月25日 - 1964年12月14日)は、日本画家洋画家)。浦和画家の一人として知られる[1]日本芸術院会員。

人物[編集]

大阪府生まれ。裸婦図で知られ「裸婦の寺内」「裸婦を描く聖者」「デッサンの神様」などと称されることも多い[2]。1934年に埼玉県浦和市に転居し、以後浦和画家の著名な人物として取り上げられている。弟子も多く、寺内と門下生で武蔵野会(のち与野会)を結成していた。

略歴[編集]

作品[編集]

  • 「横臥裸婦」(東京国立美術館蔵)

画集[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 浦和画家とその時代 寺内萬治郎・瑛久・高田誠を中心に、2000年
  2. ^ 埼玉の画家たち さきたま出版会 2000年
  3. ^ 『朝日新聞』1951年4月1日(東京本社発行)朝刊、2頁。

関連項目[編集]