川崎春彦

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

川崎 春彦(かわさき はるひこ、1929年3月17日 - 2018年10月2日)は、日本画家日本藝術院会員。

経歴[編集]

東京都出身。父は川崎小虎。父方の曽祖父は川崎千虎。長女は日本画家の川崎麻児。親戚に元京成電鉄社長川崎千春

父と義兄の東山魁夷に師事。東京美術学校(現東京藝術大学)卒。日展を中心に日本画院展日本美術協会展などで活躍。

代表作の「朝明けの湖」など、力強い色彩による自然の生命力あふれる風景画で知られた[1]

  • 1950年 東京美術学校日本画科を卒業。
  • 1961年 第4回日展特選。
  • 1964年 第7回日展特選。
  • 1971年 第1回山種美術館展人気賞。
  • 1980年 日展評議員就任。
  • 1983年「野」で日展文部大臣賞。
  • 1985年 新国技天皇貴賓室に絵画を依頼される。
  • 1990年 横綱審議委員会委員を務める(2003年まで)。
  • 2005年「朝明けの湖」で日本芸術院賞恩賜賞
  • 2006年 芸術院会員。
  • 2013年 紺綬褒章受章(2回目)。
  • 2018年 旭日中綬章受章。
  • 2018年10月2日 老衰のため死去。叙従四位[2]

出典[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 読売新聞2018年10月5日付朝刊社会面
  2. ^ 『官報』7383号、平成30年11月6日