吉行あぐり

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
よしゆき あぐり
吉行 あぐり
生誕 吉行 安久利(よしゆき あぐり)
(1907-07-10) 1907年7月10日
日本の旗 日本 岡山県岡山市
死没 (2015-01-05) 2015年1月5日(107歳没)
国籍 日本の旗 日本
職業 美容師

吉行 あぐり(よしゆき あぐり、1907年明治40年)7月10日 - 2015年平成27年)1月5日)は、日本美容師。 本名・吉行 安久利(読み同じ)旧姓:松本、結婚によって吉行、再婚し、辻没後再び吉行姓へ戻る。

来歴[編集]

岡山県岡山市出身。岡山県立第一岡山高等女学校在学中の1923年大正12年)に作家吉行エイスケと結婚する。日本の美容師の草分け山野千枝子のもとで2年間修行、1929年昭和4年)に独立して山の手美容院を開店[1]1940年昭和15年)、夫・エイスケと死別する。その後、1949年(昭和24年)辻復と再婚する(1997年没)。戦後は1952年昭和27年)に東京・五番町市ヶ谷駅前)に吉行あぐり美容室を開店。90歳を過ぎても、馴染みの客に限定して美容師として仕事を続けていたが、2005年平成17年)に閉店[2]。日本の美容師免許所持者の中では最高齢であった。2003年平成15年)に脳梗塞で倒れ入院。リハビリの末、身の回りのことを一通りこなせるまでに回復したが、2006年平成18年)に骨折し、車椅子生活を余儀なくされる。以後、娘の和子や介護者らに支えられ生活(105歳の時点では和子と同じマンションの別の部屋に暮らしていた[3])。新聞は2紙購読し時折エッセイや俳句・短歌などを記すなど、100歳を超えてなお矍鑠としていた。和子の談話によると亡くなる2日前まで自ら箸を持って食事をしていたという。

2013年(平成25年)10月25日放送のNHK総合テレビあさイチ』内「プレミアムトーク」に出演した和子が「現在は自分では動けないが、頭はしっかりしていて、『ごちそうさん』(和子が出演)を観ている」とこの近々におけるあぐりについて語った。

2015年(平成27年)1月5日、肺炎のため死去[4]。107歳没。

人物[編集]

1997年平成9年)上期のNHK連続テレビ小説あぐり』のモデルでもある。彼女自身の半生記『梅桃(ゆすらうめ)が実るとき』が原作となっている。 当時としては身長が高く、163cmあったという。 最初の夫は吉行エイスケ。吉行エイスケの死後、辻復と再婚した。吉行エイスケとの間に長男・吉行淳之介小説家)、長女・吉行和子女優)、次女・吉行理恵詩人、小説家)がいる。うち淳之介と理恵は彼女よりも先に他界した。

姪(姉の娘)は医師の島村喜久治の妻・ピアニストの千枝子。その夫婦の息子が地震学者の島村英紀

90歳を越えてから長女の和子と共に海外旅行を頻繁に行うようになった。

著書[編集]

  • 『梅桃が実るとき』文園社 1986年 のち文春文庫
  • 『母・あぐりの淳への手紙』文園社 1998年
  • 『あぐり95年の奇跡』集英社be文庫 2002年
  • 『「あぐり美容室」とともに 94歳の美容師、心は老いずがモットーです。』PHP研究所 2002年 のち文庫
  • 『あぐり流夫婦関係・親子関係 しなやかに生きて96歳』素朴社 2003年

雑誌記事[編集]

  • 「日やけのお手入方法」 少女画報 1934年9月号

共著など[編集]

  • 『生きること老いること』新藤兼人共著 朝日新聞社 2003年
  • 『あぐり白寿の旅』吉行和子共著 集英社 2006年 のち文庫
  • 『吉行理恵レクイエム「青い部屋」』編 文園社 2007年

テレビ出演[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ ホルモード オリーブ研究所 旧会報誌「Olive Life vol.2」 2004年2月発行
  2. ^ スポーツ報知 2015年1月11日
  3. ^ 女性セブン 2012年9月27日号
  4. ^ 吉行あぐりさん死去、107歳 朝ドラのモデル 淳之介さん母 スポーツニッポン 2015年1月10日閲覧