吉屋信子

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
吉屋 信子
Yoshiya Nobuko.jpg
吉屋信子 (1930年)
誕生 (1896-01-12) 1896年1月12日
新潟県新潟市
死没 (1973-07-11) 1973年7月11日(77歳没)
神奈川県鎌倉市
墓地 高徳院清浄泉寺
職業 小説家
言語 日本語
国籍 日本の旗 日本
最終学歴 栃木高等女学校(現栃木県立栃木女子高等学校)卒業
活動期間 1916年 - 1973年
ジャンル 少女小説
家庭小説
伝記小説
代表作花物語』(1916-25年,24年刊)
『地の果まで』(1919年)
良人の貞操』(1936-37年)
安宅家の人々』(1951-52年)
『鬼火』(1951年)
徳川の夫人たち』(1966年)
主な受賞歴 第4回日本女流文学者賞など
デビュー作花物語
Portal.svg ウィキポータル 文学
テンプレートを表示

吉屋 信子(よしや のぶこ、1896年明治29年)1月12日[1] - 1973年昭和48年)7月11日[2])は、1920年代から1970年代前半にかけて活躍した、日本小説家である。

経歴[編集]

父・雄一が新潟県警務署長を務めていた折、新潟市にあった新潟県庁官舎で生まれた[1]。父はその後行政職に転じ、新潟県内を佐渡郡郡長佐渡市(旧相川町)、北蒲原郡郡長新発田市(当時は新発田町)と赴任したのち[3]栃木県下都賀郡長を務めていた。この当時の父が、頑固な男尊女卑的考え方を持っており、信子は内心反発を感じていた。真岡から栃木市に移住、栃木高等女学校(現栃木県立栃木女子高等学校)に入学した際、新渡戸稲造の「良妻賢母となるよりも、まず一人のよい人間とならなければ困る。教育とはまずよき人間になるために学ぶことです。」という演説に感銘を受け、そのころから少女雑誌に短歌物語の投稿をはじめる。日光小学校の代用教員になるが、文学への道を捨てがたく、卒業後に上京して作家を志し、1916年大正5年)から『少女画報』誌に連載した『花物語』で女学生から圧倒的な支持を受ける人気作家となる[4]。その後、『大阪朝日新聞』の懸賞小説に当選した『地の果まで』で小説家としてデビュー、徳田秋声らの知遇を得る。

1919年(大正8年)『屋根裏の二處女』では、自らの同性愛体験を明かしている。

1923年(大正12年)1月、信子の公私を半世紀に渡り支えることになる門馬千代と運命的な出会いをする。1928年(昭和3年)、東京駅から神戸港満州ソ連経由でヨーロッパに2年の計画で出発した[5]。1年近くパリに滞在した後、アメリカを経由して帰国した。

1937年(昭和12年)に発表された『良人の貞操』は、当時あまり問題視されていなかった男性の貞操をめぐって議論を巻き起こす[6]1952年(昭和27年)には『鬼火』で第4回日本女流文学者賞を受賞した[7]。晩年は『徳川の夫人たち』『女人平家』など、女性史を題材とした長編時代小説を執筆した。

日中戦争勃発とともに『主婦之友』に特派員として中国に派遣され、従軍ルポルタージュを発表。絶大な女性人気を誇る信子がこうした記事を発表したことは、銃後の女性動員に少なからぬ影響を与えたと指摘される[8]1938年(昭和13年)、内閣情報部選定の漢口攻略戦「ペン部隊」役員に選ばれる(女性作家は他に林芙美子のみ)。太平洋戦争開戦直前には、特派員として蘭印インドネシア)、仏印ベトナムなど)も訪問し、戦時中には大東亜文学者大会に参加している。戦前・戦中期のこうした働きから、戦後は戦争協力者として批判されることもあった。

1973年(昭和48年)、S字結腸癌のため神奈川県鎌倉市の病院で死去した[2]。77歳没。戒名は紫雲院香誉信子大姉[9]。晩年は神奈川県鎌倉市長谷に邸宅を建てて過ごし、信子の死後は、事実上のパートナーで戸籍上は養女となっていた秘書の千代により鎌倉市に寄付された。現在では吉屋信子記念館となっている。

評価[編集]

少女小説の元祖といえる作家。10代のころから少女雑誌に投稿を繰り返しており、高い評価を受けていた。少女同士のコミュニケーションを熟知していたことが吉屋信子を「少女による少女のための少女小説家」にしたと言える[10]。一方で、昭和10年代においては大衆小説家かつ女性作家ということから、その芸術性を不当に貶められることもあった。さらに、少女向け作家ゆえの夢想的な性格が、戦中期の時局追随、植民地主義の正当化につながったという厳しい批判もある[11]

信子の少女小説に影響を受けた氷室冴子によって昭和末期から再び少女小説ブームが起こり、平成期の少女漫画ライトノベルにその影響が伏流するようになった。久米依子はよしながふみ大奥』について吉屋『徳川の夫人たち』のメッセージを正統に継承していると指摘しており[12]2010年代以降に著作が復刊されるなど、再評価の機運が高まっている。

作品[編集]

  • 花物語(1924年単行本化)
  • 屋根裏の二處女(1920年単行本化)
  • 三つの花(1927年)
  • 暁の聖歌(1928年)
  • 白鸚鵡(1928年)
  • 七本椿(1929年)
  • 紅雀(1930年)
  • 櫻貝(1931年)
  • わすれなぐさ(1932年)
  • からたちの花(1933年)
  • あの道この道(1934年)
  • 小さき花々(1935年)
  • 司馬家の子供部屋(1936年)
  • 毬子(1936年)
  • 良人の貞操(1937年)
  • 伴先生(1938年1月~1939年3月)『少女の友』
  • 乙女手帖(1939年)
  • 少女期(1941年) - 絵:江川みさお
  • 安宅家の人々(1952年)
  • 岡崎えん女の一生(1963年)
  • ときの声(1965年)
  • 徳川の夫人たち(1966年)
  • 女人平家(1971年)
  • など

著書[編集]

  • 『赤い夢』洛陽堂 1917年
  • 『屋根裏の二處女』洛陽堂 1917年
  • 『地の果まで』洛陽堂 1920年(のち改題『地の果てまで』北光書房 1947年)
  • 花物語』全3巻 洛陽堂 1920年-1921年 全5巻 交蘭社 1924年-1926年 のち河出文庫
  • 『海の極みまで』新潮社 1921年
  • 『憧れ知る頃 散文詩集』交蘭社 1923年
  • 『鈴蘭のたより』岡崎英夫筆 寶文館 1924年
  • 『黒薔薇』交蘭社 吉屋信子パンフレット 1925年
  • 『古き哀愁』交蘭社 1925年
  • 『三つの花』大日本雄弁会講談社 1927年
  • 『美しき哀愁 創作集』交蘭社 1927年
  • 『返へらぬ日』交蘭社 1927年
  • 『空の彼方へ』新潮社 1928年
  • 『異国点景』民友社 1930年
  • 『失楽の人人』新潮社 1930年
  • 『白鸚鵡 外1篇』平凡社 令女文学全集 1930年
  • 『七本椿』実業之日本社 1931年
  • 『暴風雨の薔薇』 1931年
  • わすれなぐさ (1932年)
  • 『紅雀』實業之日本社 1933年
  • 『理想の良人』新潮社 1933年
  • 『櫻貝』實業之日本社 1935年
  • 『吉屋信子全集』全12巻 新潮社 1935年-1936年
  • 『からたちの花』実業之日本社 1936年
  • 『双鏡』昭和長篇小説全集 新潮社 1936年
  • 『処女読本』健文社 1936年
  • 『小さき花々』實業之日本社 1936年 のち河出文庫
  • 『良人の貞操』新潮社 1937年
  • 『母の曲』新潮社 1937年
  • 『白き手の人々』改造社 改造文庫 1937年
  • 『戦禍の北支上海を行く』新潮社 1937年
  • 『毬子』大日本雄辯會講談社 1937年
  • 『私の雑記帳』実業之日本社 1937年
  • あの道この道』大日本雄弁会講談社 1939年 のち文春文庫
  • 『女の教室』中央公論社 1939年
  • 『乙女手帖』実業之日本社 1940年
  • 『伴先生』実業之日本社 1940年
  • 『花』新潮社 1941年 のち家庭社 1947年 北光書房 1948年
  • 『最近私の見て来た蘭印』主婦之友社 1941年
  • 『てんとう姫の手柄』湘南書房 1945年
  • 『アポロの話』静書房 1946年
  • 『お嬢さん』新世紀社 1946年
  • 『女の友情』北光書房 1946年
  • 『乙女の曲 少女小説』偕成社 1947年
  • 『おみかんのおはなし』長谷川露二絵 寿書房 1947年
  • 『彼女の道』都書院 1947年
  • 『からたちの花』実業之日本社 1947年
  • 『司馬家の子供部屋 少女小説』つるべ書房 1947年
  • 『母の小夜曲 少女小説』偕成社 1947年
  • 『街の子だち 吉屋信子少女小説選集』東和社 1947年
  • 『夕月帖』北光書房 1947年
  • 『吉屋信子小説選 第9巻(追憶の薔薇)』北光書房 1947年
  • 『憧れ知る頃』ヒマワリ社 1948年
  • 『歌枕』矢貴書店 1948年
  • 『女の階級』隆文堂 1948年
  • 『花鳥』鎌倉文庫 1948年
  • 『茸の家 童話選集』北光書房 1948年
  • 『桜貝』東和社 1948年
  • 『妻の場合』鷺ノ宮書房 1948年
  • 『翡翠』共立書房 1948年
  • 『わすれな草 吉屋信子少女小説選集』東和社 1948年 のち河出文庫
  • 『黒薔薇』浮城書房 1949年
  • 『青いノート 吉屋信子少女小説選集』東和社 1949年
  • 『小市民』東和社 1949年
  • 『女性の文章の作り方』大泉書店 1949年
  • 『チョコレートの旅 長篇絵ものがたり』松本かつぢ絵 湘南書房 1949年
  • 『童貞』東和社 1949年
  • 『あだ花 女の思える』東和社 1950年
  • 『鏡の花』太平洋出版社 1950年 のち春陽文庫
  • 『草笛吹く頃』関川護絵 ポプラ社 1950年
  • 『吉屋信子集 妻も恋す、海潮音、良人の貞操』日比谷出版社 1950年
  • 『女の暦・妻も恋す』大日本雄弁会講談社 1951年
  • 『安宅家の人々』毎日新聞社 1952年 のち新潮文庫
  • 『鬼火』中央公論社 1952年
  • 『幻なりき』湊書房 1952年 のち春陽文庫
  • 『夢みる人々』鷺ノ宮書房 1952年
  • 『君泣くや母となりても』東方社 1953年
  • 『少女期』江川みさお絵 ポプラ社 1953年
  • 『秘色』毎日新聞社 1953年
  • 『吉屋信子長篇代表作選集』全7巻 向日書館 1953年-1954年
  • 『苦楽の園』新潮社 1954年
  • 『源氏物語 わが父母の教え給いし』全3巻 大日本雄弁会講談社 1954年
  • 『月のぼる町』東方社 1954年
  • 『貝殻と花』新潮社 1955年
  • 『黒髪日記』大日本雄弁会講談社(ロマン・ブックス) 1955年
  • 『もう一人の私』中央公論社 1955年
  • 『由比家の姉妹』大日本雄弁会講談社(ロマン・ブックス) 1955年
  • 『硝子の花』東方社 1956年
  • 『級友物語』花房英樹絵 ポプラ社 1956年
  • 『花それぞれ』糸井俊二絵 ポプラ社 1956年
  • 『待てば来るか』大日本雄弁会講談社 1956年
  • 『私は知っている』東方社 1956年
  • 『嫉妬』新潮社 1957年
  • 『白いハンケチ』ダヴィッド社 1957年
  • 『父の秘密』大日本雄弁会講談社(ロマン・ブックス) 1957年
  • 『片隅の人』東方社 1958年
  • 『風のうちそと』講談社 1959年
  • 西太后の壷』文芸春秋新社 1961年
  • 『香取夫人の生涯』新潮社 1962年
  • 『自伝的女流文壇史』中央公論社 1962年 のち中公文庫、講談社文芸文庫
  • 『女の年輪』中央公論社 1963年
  • 『私の見た人』朝日新聞社 1963年
  • 『底のぬけた柄杓 憂愁の俳人たち』新潮社 1964年
  • 『ある女人像 近代女流歌人伝』新潮社 1965年
  • 『ときの声』筑摩書房 1965年 (山室軍平を描く)
  • 『徳川の夫人たち 正 続』朝日新聞社 1966年-1968年 のち朝日文庫
  • 『徳川秀忠の妻』読売新聞社 1969年 (崇源院)のち河出文庫
  • 『私の見た美人たち 随筆』読売新聞社 1969年
  • 『千鳥 ほか短編集』読売新聞社 1970年
  • 『女人平家 前、後篇』朝日新聞社 1971年 のち朝日文庫、角川文庫
  • 『吉屋信子句集』東京美術 1974年
  • 吉屋信子全集』全12巻 朝日新聞社 1975年-1976年
  • 『鬼火 吉屋信子作品集』講談社文芸文庫 2003年
  • 『父の果/未知の月日』吉川豊子みすず書房(大人の本棚) 2003年
  • 『吉屋信子集 生霊』ちくま文庫(文豪怪談傑作選) 2006年

再話[編集]

映像化作品[編集]

評伝[編集]

  • 吉武輝子『女人 吉屋信子』(1983年、文藝春秋
  • 吉屋えい子『風を見ていたひと 回想の吉屋信子』(1992年、朝日新聞社
  • 駒尺喜美『吉屋信子 隠れフェミニスト』(1994年、リブロポート〈シリーズ民間日本学者〉)
  • 佐伯彰一 松本健一『作家の自伝66 吉屋信子』(1998年、日本図書センター〈シリーズ・人間図書館〉)
  • 田辺聖子『ゆめはるか吉屋信子 秋灯机の上の幾山河』上・下(1999年、朝日新聞社/2002年、朝日文庫)
  • 坂口昌弘著『俳句と文学 文人たちの俳句 老いてなほ夢多くして(4) 吉屋信子』「俳壇29巻4号 通号357号」(2012.4 本阿弥書店)
  • 神奈川文学振興会『生誕110年 吉屋信子展 女たちをめぐる物語』(2006年、県立神奈川近代文学館)

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ a b 鹿児島 1984, p. 216.
  2. ^ a b 鹿児島 1984, pp. 220-222.
  3. ^ 鎌倉市 2015, p. 4.
  4. ^ 中川 2013, p. 63-64.
  5. ^ “吉屋信子さんフランスへ”. 読売新聞朝刊: p. 7. (1928年9月26日) 
  6. ^ 山川菊栄 (1937年5月7日). “[女の立場から]良人の貞操”. 読売新聞朝刊: p. 9 
  7. ^ “女流文学者賞決る”. 読売新聞朝刊: pp. 3. (1952年2月12日) 
  8. ^ 竹田志保「吉屋信子の〈戦争〉」
  9. ^ 岩井 1997, p. 361.
  10. ^ 中川 2013, pp. 62-65.
  11. ^ 竹田志保「吉屋信子の〈戦争〉」
  12. ^ 久米依子「二つの分断と越境―一九三〇年代の吉屋信子評からゼロ年代のエンタメ状況へ―

参考文献[編集]

  • 鹿児島達雄『現代鎌倉文士』かまくら春秋社、1984年。
  • 岩井寛『作家の臨終・墓碑事典』東京堂出版、1997年。
  • 中川裕美、2013、『少女雑誌に見る「少女」像の変遷-マンガは「少女」をどのように描いたのか』第1版第1刷、No.24、 出版メディアパル〈本の未来を考える=出版メディアパル〉 ISBN 978-4902251241
  • 鎌倉市教育委員会『鎌倉市吉屋信子記念館』鎌倉市教育委員会、2015年。

関連項目[編集]

  • トキノミノル - この馬に対して「幻の馬」という表現を初めて使ったのが吉屋である。また、吉屋自身も馬主としてイチモンジ(1955年NHK杯優勝)、クロカミ(1949年生牝馬、1961年有馬記念優勝のホマレボシの母)といった競走馬を所有していた。

外部リンク[編集]