駒尺喜美

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

駒尺 喜美(こましゃく きみ、1925年3月18日 - 2007年5月22日)は近代文学研究者、女性学者、ライフアーチスト。大阪市出身。

大阪松竹歌劇団(OSK)の男役トップスターを追っかける少女時代を経て、戦後は京都人文学園で学んだ。そののち小西綾と出会い、彼女を慕って上京し法政大学に入学、大学院修了。1990年まで法政大学第一教養部教授。専門は近代日本文学

夏目漱石作品や源氏物語などをフェミニズムの視点で読み直し、新しい説を立てた。特に1978年に発表した『魔女の論理』は当時の女性たちに衝撃を与え、女性解放を考える上でのバイブルとも言われた[誰によって?]。しかし、日本の文芸批評にフェミニズムを導入した功績が正しく評価されているとは言えない[独自研究?]

また、1977年からは小西綾とともに、女性のための空間として東京神楽坂の自宅の1室を開放。この部屋は「56番館」と呼ばれ、さまざまな女性たちが集った。1980年には日本女性学会創設にも力を注ぎ、第一回総会において同学会の代表幹事に就任した。

80年代後半からはライフアーチストとして、中高年向き共同住宅(シニアハウス)と女の家(ウーマンズハウス)を合わせた新しい暮らし方・住み方を追求し、晩年は自らが構想、提唱した「友だち村」(伊豆市)で過ごした。

年表[編集]

  • 1925年3月18日 大阪市船場に生まれる。第一子長女(7年後に弟誕生)。
  • 1932年 小学校入学。大阪府選抜虚弱児童に認定される。
  • 1937年 女学校受験に失敗、1ヶ月遅れて第二大谷高等女学校に入学、級長になる。
  • 1940年 大阪松竹少女歌劇団(のちの大阪松竹歌劇団)の男役トップスター秋月恵美子の「追っかけ」となる。
  • 1941年 大谷女子専門学校入学。太平洋戦争が始まるが、「追っかけ」に変わりはない。
  • 1945年 敗戦。敗戦を喜ぶ。
  • 1946年 女子普通選挙制度の下、初の投票に行き感激する。
  • 1947年 市民大学の京都人文学園に入学。ひとり暮らしで、初めて家事をする。
  • 1950年 京都人文学園を卒業。紹介されて小西綾に出会い、事務所を手伝う。
  • 1952年 前年上京していた小西綾のあとを追って東京へ。小西綾と「大塚女子アパート」で同居を始める。
  • 1953年 法政大学文学部に編入。
  • 1955年 法政大学大学院人文科学研究科修士課程に進むが、3年間休学。
  • 1962年 同博士課程に進む。
  • 1963年 同大学助手になる。
  • 1966年 同大学非常勤講師になる。小西綾と文京区駒込へ転居。
  • 1970年 同大学専任講師になる。ウーマン・リブ集会に参加。
  • 1972年 同大学第一教養部助教授になる。父逝去。
  • 1974年 同大学第一教養部教授になる。
  • 1976年 この頃から雑誌等でフェミニズム関連の発言を強める。
  • 1977年 小西綾と新宿区神楽坂に「56番館」を開く。第3回魔女コンサートに参加。
  • 1980年 日本女性学会代表幹事に就任。女の展覧会「花ふぶき」に参加、オリジナル曲を歌う。
  • 1981年 小西綾を中心に「あっ、わかったの会」が始まり、自然に参加するようになる。
  • 1984年 「ザ・ショー 女のルネッサンス」に主催者として参加、歌う。
  • 1985年 前年に続き「女のルネッサンス partII」に参加。
  • 1989年 第15回参議院議員通常選挙の比例代表に「ちきゅうクラブ」公認で立候補、「女性の権利省」の設立を訴える。
  • 1990年 法政大学を退職し小西綾と大阪のシニアハウスに転居。母逝去。
  • 1991年 「わかったぷらんにんぐ」を設立、社長になって「ウーマンズスクール」を開く。
  • 2001年 「わかったぷらんにんぐ」と「ウーマンズスクール」を閉じる。
  • 2003年 シニアハウス「友だち村」(伊豆市)へ小西綾とともに転居。村内に「わかった会館」を設立、「智恵子抄セミナー」を催す。11月、小西綾逝去。50年に及ぶ共同生活であった。
  • 2004年夏目漱石『行人』セミナー」を主催。
  • 2005年 性別を超越するものとして「少女歌劇と夏目漱石を論じるセミナー」を主催。
  • 2007年5月22日、「友だち村」の自宅にて逝去。82歳。

単著[編集]

  • 『芥川竜之介論』芥川竜之介研究会, 1964
  • 『芥川竜之介の世界』法政大学出版局, 1967
  • 『漱石 その自己本位と連帯と』八木書店, 1970
  • 『雑民の魂 五木寛之をどう読むか』講談社, 1977
  • 『魔女の論理-エロスへの渇望』エポナ出版, 1978(のち学陽書房女性文庫)
  • 『高村光太郎』講談社現代新書, 1980(のち『高村光太郎のフェミニズム』として朝日文庫)
  • 『結婚の向こう側-その愛にふみ切っていいか』主婦と生活社, 1981
  • 『魔女的文学論』三一書房, 1982
  • 『漱石という人-吾輩は吾輩である』思想の科学社, 1987
  • 『紫式部のメッセージ』朝日選書, 1991
  • 『吉屋信子-隠れフェミニスト』(シリーズ民間日本学者)リブロポート, 1994
  • 『<魔女>が読む源氏物語』家族社、2005

共著・編著[編集]

  • 小西綾との共著『魔女の審判』エポナ出版, 1979(のち不二出版)
  • 編『妻たちの復讐-離婚から結婚を考える』すずさわ書店、1980
  • 編『女を装う-美のくさり』勁草書房, 1985
  • 「あっ、わかったの会」との共編『女,あんたが主人公―小西綾 おおいに語る―』松香堂書店,1987
  • 五木寛之との往復書簡『風のホーキにまたがって』読売新聞社, 1991(のち『女の本音男の本音』として集英社文庫)
  • 生活科学研究所との共編『老いの住宅大作戦』三省堂, 1991
  • 中村隆子との共著『お気楽フェミニストは大忙しー不老少女コマタカのぼやき通信』家族社, 2003