川手二郎

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
かわて じろう
川手 二郎
生年月日 1904年
没年月日 不詳年
出生地 日本の旗 日本 長野県
職業 映画監督脚本家
ジャンル 映画
活動期間 1927年 - 1940年前後
主な作品
福寿草
乙女橋

川手 二郎(かわて じろう、1904年[1] - 没年不明)は、日本の映画監督脚本家である。

人物・来歴[編集]

1904年(明治37年)、長野県に生まれる[1]

阪東妻三郎のファンであった[1]。エキストラ出演を経て、1927年(昭和2年)ころ助監督となる[1]

1931年(昭和6年)設立の新興キネマに参加する[1]。1932年(昭和7年)、監督に昇進し、『父をたづねて三千里』で監督としてデビューした[2]。1935年(昭和10年)開所した新興キネマ東京撮影所(現在の東映東京撮影所)に異動、サイレント映画あるいはサウンド版の映画を監督し続けた[2]

1936年(昭和11年)5月7日に公開された監督作『残月の歌』を最後に、トーキー専門のピー・シー・エル映画製作所(現在の東宝スタジオ)に移籍した[1]。同社では、文化映画を約10本監督した[1]

その後、引退し、長野県の郷里に戻って不動産業を行った[1]。その後の消息は知れない。

2009年(平成21年)、第18回東京国際レズビアン&ゲイ映画祭で『福寿草』が上映された[3]。同作は、サウンド版として製作されたが、現存するプリントは音声トラックのないサイレント版である[4]

フィルモグラフィ[編集]

新興キネマ[編集]

1932年
1933年
1934年

新興キネマ東京撮影所[編集]

1935年
1936年

[編集]

外部リンク[編集]