小川記正

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
おがわ きせい
小川 記正
別名義 小川 正 おがわ ただし
生年月日 1906年
没年月日 不詳年
出生地 北海道
職業 脚本家小説家映画プロデューサー
ジャンル 映画小説テレビ映画
活動期間 1930年 - 1977年

小川 記正(おがわ きせい、1906年[1] - 没年不詳[2])は、日本の脚本家小説家映画プロデューサーである。1950年(昭和25年)以降、映画の脚本を小川 正(おがわ ただし)の名で書いたが、後年のテレビ映画では「記正」に戻した[3]

人物・来歴[編集]

1906年(明治39年)、北海道札幌市に生まれる[1]

20代のころは松竹蒲田撮影所演出部で助監督を務め、25歳になる1931年(昭和6年)、短篇映画『真夜中商売』を監督したが、同作は公開されなかった。1932年(昭和7年)、新興キネマ現代劇部に移籍し、多くのオリジナル脚本が採用された。1938年(昭和13年)、東宝映画東京撮影所(現在の東宝スタジオ)で渡辺邦男監督に3本の脚本を提供した。1943年(昭和18年)、小説を発表[2]

第二次世界大戦後、1948年(昭和23年)からプロデューサーに転向、松竹大船撮影所佐々木康監督の『噂の男』、同じく大庭秀雄監督の『颱風圏の女』、1949年(昭和24年)、マキノ正博(のちのマキノ雅弘)が設立したCAC(シネマ・アーチスト・コーポレーション)でマキノ監督の『盤嶽江戸へ行く』、島耕二監督の『今日われ恋愛す』全2篇、1950年(昭和25年)には「小川プロダクション」名義で野村浩将監督の『与太者と天使』等をプロデュースした。同年、京阪映画で自ら脚本を書き、12年ぶりに監督した『決闘の河』を自ら製作、同作は東宝が配給して同年11月25日に公開された[4]

1952年(昭和27年)からは「小川正」と改名し、東映京都撮影所を中心に脚本に専念した。1965年(昭和40年) - 1977年(昭和52年)の長きにわたって、テレビ映画特別機動捜査隊』の脚本を「小川記正」名義で量産した[3]

フィルモグラフィ[編集]

松竹蒲田撮影所[編集]

新興キネマ[編集]

東宝映画東京撮影所[編集]

フリーランス[編集]

東映京都撮影所[編集]

小川正

テレビ映画[編集]

ビブリオグラフィ[編集]

国立国会図書館蔵書[2]

  • 『兵と母』、昭和教学社、1943年
  • 『租界進駐』、新正堂、1943年
  • 『奴隷船』、新正堂、1949年

[編集]

  1. ^ a b 『キネマ旬報』1958年10月上旬号
  2. ^ a b c OPAC NDL 検索結果、国立国会図書館、2009年11月19日閲覧。
  3. ^ a b 全文検索 検索結果、テレビドラマデータベース、2009年11月19日閲覧。
  4. ^ 決闘の河日本映画データベース、2009年11月19日閲覧。

外部リンク[編集]