阿木翁助

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
1954年

阿木 翁助(あぎ おうすけ、1912年7月14日 - 2002年9月11日)は、日本の劇作家脚本家

長野県諏訪郡下諏訪町出身。本名は、安達鉄翁。息子は、東宝プロデューサー。孫は、笠井信輔フジテレビアナウンサー)。

脚本作品としては、1957年NHKのラジオドラマ「花くれないに」、1964年NET系のテレビドラマ「徳川家康」などが知られる。

経歴[編集]

長野県立諏訪中学校(現長野県諏訪清陵高等学校)卒業。

1930年、小説家を志し上京[1]

築地小劇場演劇研究所の研究生となり、1934年にはムーラン・ルージュ新宿座文芸部、新派文芸部に入って劇作家としての道を歩み始め、「女中あい史」の脚本で名をあげる[2]

1936年、吉本興業新喜劇座文芸部へ[3]。のち、松竹新派劇団文芸部。

戦後は、ラジオ、テレビの脚本を数多く手がけ、昭和の演劇、芸能史を彩った作品は千本を越える[4]

1958年、日本テレビ芸能局長となり[5]、「作家局長」と呼ばれた[6]。1963年に辞任[7]。1967年、日本テレビ常務制作本部長となる[8]

1966年日本放送作家協会理事長、1990年会長に就任[9]

受賞歴[編集]

  • 紫綬褒章(1977年)
  • 勲四等旭日小綬章(1983年)
  • 日本文芸大賞(1983年、「悪魔の侵略」)

主な作品[編集]

戯曲[編集]

  • 「冬の星」
  • 「長女」
  • 「青い林檎」

ラジオ[編集]

  • 「花のゆくえ」
  • 「花くれないに」

テレビ[編集]

  • 「徳川家康」(1964)
  • 「悪魔の侵略」

著書[編集]

  • 新制中学・高等学校学校劇脚本集 蓼科書房 1948 (スクール文庫)
  • 夜の河 宝文館 1954 (ラジオ・ドラマ新書)
  • 花のゆくえ ラジオ東京連続放送劇 第1-2部 田園書房 1955
  • 月遠けれど 東方社 1956
  • 花ふたたび 桃源社 1956
  • 花くれないに 第1部 洋洋社 1957-1958
  • 愛の秘密 東方社 1958
  • 青い葡萄 東方社 1959
  • この道六十五年 花茂の歴史 甲陽書房 1966
  • 花に命あり 花茂三代 花茂本店編 甲陽書房 1972
  • 色道つれづれ草 報知新聞社 1974
  • 演劇の青春 築地小劇場、ムーラン・ルージュからの出発 早川書房 1977「青春は築地小劇場からはじまった」と改題、社会思想社現代教養文庫
  • しみる言葉 講談社 1982
  • 忘れがたき言葉 講談社 1984
  • わが命の灯を 心筋梗塞と肺ガンを越えて 講談社 1990

脚注[編集]

  1. ^ 日外アソシエーツ現代人物情報より
  2. ^ 日外アソシエーツ現代人物情報より
  3. ^ 朝日新聞人物データベースより
  4. ^ 日外アソシエーツ現代人物情報より
  5. ^ 朝日新聞人物データベースより
  6. ^ 読売人物データベース
  7. ^ 朝日新聞人物データベースより
  8. ^ 日外アソシエーツ現代人物情報より
  9. ^ 日外アソシエーツ現代人物情報より