宇野信夫

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

宇野 信夫(うの のぶお、1904年7月7日 - 1991年10月28日)は、日本の劇作家作家歌舞伎作者、狂言作者。

来歴[編集]

埼玉県本庄市生まれ、熊谷市育ち、その後浅草で暮らす。本名信男。埼玉県立熊谷中学校(現:埼玉県立熊谷高等学校)、慶應義塾大学文学部国語国文学科卒業。

父は埼玉県熊谷市で紺屋・染物屋を営んでいて、浅草に東京出張所と貸家(蕎麦屋と道具屋)を持っていた。中学を出た後は、その出張所から大学に通い、卒業後もそこで劇作にいそしみ、1944年まで住み続けた。その時代に、まだ売れていなかった、のちの古今亭志ん生ら貧乏な落語家たちが出入りして、彼らと交際した。6代目三遊亭圓生とも交友が深かった。

1933年、『ひと夜』でデビュー。1935年6代目尾上菊五郎のために書いた『巷談宵宮雨』が大当たりし、歌舞伎作者としての地位を確立する。以後も菊五郎のために歌舞伎世話狂言を書き、戦後は、1953年2代目中村鴈治郎中村扇雀(現:4代目坂田藤十郎)のために、長らく再演されていなかった近松門左衛門の『曽根崎心中』を脚色・演出し、現在も宇野版が上演され続けている。1965年、個人雑誌『宇野信夫戯曲』を創刊、1977年まで続いた。

1972年日本芸術院会員。1985年文化功労者。『宇野信夫戯曲選集』全4巻があるほか、ラジオドラマテレビドラマ時代小説随筆落語言葉に関する著作が多数ある。

国立劇場理事を務め、歌舞伎の演出、補綴、監修を多く行い、「昭和の黙阿弥」と称された。

著書[編集]

戯曲・小説[編集]

  • 『宇野信夫戯曲集』丸の内出版社 1934
  • 『巷談宵宮雨』共同書籍 1936
  • 『春の霧』愛宕書房 1942
  • 『霜夜狸』三杏書院 1943
  • 『露時雨』三杏書院 1943
  • 『風花の町』白林書房 1943
  • 『夜ごとの灯』読切講談社 1943
  • 『星霜』三杏書院 1944
  • 『美しき野火』宝文館(ラジオ・ドラマ新書) 1954
  • 『おけらの歌』鱒書房 1956
  • 『返らぬ日日』青蛙房 1959(隣人,春を待つ心,花八つ手)
  • 『宇野信夫戯曲選集』全5巻 青蛙房 1960(人情噺小判一両、吹雪峠、近松・西鶴脚色、おちくぼ物語等)
  • 『江戸の夢 人情噺集 宇野信夫著作集』青蛙房 1968
  • 『巷談宵宮雨』青蛙房 1968(雪地獄,因果小僧六之助,小夜衣累之草紙,大根役者,下町,戦後五年の冬,難波橋心中)
  • 『皇帝』青蛙房 1969(盲目物語,おみきどっくり,ぢいさんばあさん,ごろ八茶碗,萩寺の仇討,浮世の常)
  • 『柳影沢螢火』青蛙房 1970(殺戮の鐘,神田ばやし,わすれ霜,旅びと,蟇のあぶら天へ昇る)
  • 『曽根崎心中』青蛙房 1971
  • 『自選世話物集』青蛙房 1972(春の泡雪,恋慕の鐘,しぐれ人形,不知火検校沖津波闇不知火,恋渡橋場及沫雪,露時雨)
  • 『菊吉共演戯曲集』青蛙房 1972(菊吉のころ,終戦直後の菊吉,おもいでぐさ,人情噺小判一両,雪地獄,髑髏妻,江戸の夢)
  • 『花の御所始末』光風社書店 1974(高瀬舟,堀川波の鼓,芦刈,俥,吉良上野介,源平絵巻)
  • 『白鬚橋 小説』青蛙房 1978
  • 『おけらの夢 講談社, 1981
  • 『好色世之介 小説』平凡社 1982(「ものがたり西鶴}と改題、朝日文庫)
  • 『ここのつの話』講談社 1982
  • 『下町物語』集英社 1984
  • 『刀の中の顔 宇野信夫自選戯曲集』平凡社 1986(家康にがわらい.巷談小夜きぬた.ひとつ屋根の下.お才と巳之介.安寿と厨子王.嚔.怪談砧のおんな.投げ節弥之.刀の中の顔.隠亡堀.わかれ霜)
  • 『手紙 宇野信夫小説集』朝日新聞社 1989
  • 『因果小僧六之助』新・座頭市 第一シリーズ 5話 原案

随筆[編集]

  • 『私の戯曲とその作意』住吉書店 1955
  • 『むかしの空の美しく』青蛙房 1967
  • 『歌舞伎役者』青蛙房 1971
  • 『芸の世界百章』青蛙房 1973(「芸の世界百話」と改題、広済堂文庫)
  • 『幕あいばなし』光風社書店 1975
  • 『菊五郎夜話』青蛙房 1976
  • 『むかし下町に住みて 宇野信夫画文集』青蛙房 1978
  • 『役者と噺家』九芸出版 1978
  • 『はなし帖』文藝春秋 1979(のち文庫)
  • 『江戸の小ばなし』文春文庫 1980
  • 『大部屋役者』文藝春秋 1980
  • 『しゃれた言葉』講談社 1981(のち文庫)
  • 『話のもと』中公文庫 1981
  • 『昔も今も笑い タネ本』平凡社 1982(のち旺文社文庫)
  • 『味のある言葉』講談社 1982(のち文庫)
  • 『心に残る言葉』平凡社 1983(のち朝日文庫)
  • 『うつくしい言葉』講談社 1983(のち文庫)
  • 『おわらい帖 こ話百選』平凡社 1984(のち旺文社文庫)
  • 『江戸おとし咄-夜の客』集英社文庫 1984
  • 『江戸おとし咄-となりの花』集英社文庫 1984
  • 『昭和の名人名優』講談社 1984
  • 『いきな小ばなし』創拓社 1985
  • 『ことば読本』講談社 1985
  • 『廓ばなし』創拓社 1985
  • 『かまわぬ見ます 団十郎のはなし』旺文社文庫 1985
  • 『むかし恋しい』河出書房新社 1986
  • 『人の生きるは何んのため』講談社 1986
  • 『小さな声で言葉とがめ』早川書房 1987
  • 『笑話寄せあつめ』広済堂出版 1987
  • 『心にのこるいろんな話』講談社 1988
  • 『まちがい言葉おかしい言葉』河出書房新社 1988
  • 『心にのこるさまざまな話』講談社 1991
  • 『私の出会った落語家たち 昭和名人奇人伝』河出文庫 2007