金子洋文

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

金子洋文(かねこ ようぶん、1893年4月8日 - 1985年3月21日)は、プロレタリア文学の小説家、劇作家、日本社会党参議院議員

秋田県生まれ。本名・吉太郎。秋田工業学校卒。1921年、社会主義思想の文芸雑誌『種蒔く人』を創刊。『解放』に発表した「地獄」が出世作となる。24年からは『種蒔く人』の後継誌『文藝戦線』を創刊。戯曲、脚本も書いた。

戦後、1947年、社会党の参議院議員(全国区)を一期務めた。その後、商業演劇の脚本家となり、松竹歌舞伎審議会専門委員、また『劇と評論』編集委員。『金子洋文作品集』がある。

著書[編集]

  • 生ける武者小路実篤 種蒔き社, 1922
  • 蝶と花との対話 お伽理科 実業之日本社, 1923
  • 地獄 自然社, 1923
  • 投げ棄てられた指輪 新潮社, 1923 (現代脚本叢書)
  • 鷗 金星堂, 1924
  • チョコレート兵隊さん 金星堂児童部, 1925
  • 理髪師 戯曲集 金星堂, 1927
  • 銃火 春陽堂, 1928
  • 飛ぶ唄 平凡社, 1929
  • 魚河岸 日本評論社, 1930
  • 新選金子洋文集 改造社, 1930
  • 日本プロレタリア傑作選集 赤い湖 日本評論社, 1930
  • 部落と金解禁 塩川書房, 1930 (プロレタリア前衛小説戯曲新選集)
  • 狐 酒井書店, 1941
  • 父と子 牧書店, 1941
  • 白梅記 素人に出来る移動演劇脚本 翼賛図書刊行会, 1942
  • はたらく日記 河北書房, 1942
  • 菊あかり 有光社, 1943
  • 金子洋文脚本集 富国出版社, 1947
  • 白い未亡人 中内書店, 1950
  • 金子洋文作品集 1-2 筑摩書房, 1976
  • 種蒔く人伝 労働大学, 1984

関連項目[編集]


議会
先代:
羽仁五郎
日本の旗 参議院図書館運営委員長
1948年 - 1949年
次代:
三木治朗