今野賢三

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

今野 賢三(いまの けんぞう、1893年8月26日 - 1969年10月18日)は、プロレタリア文学の作家。秋田県南秋田郡土崎港町(現・秋田市)生まれ。本名・賢蔵。

土崎小学校卒業後、店員、職工、弁士などの職を転々とし、1921年秋田で小牧近江金子洋文らとプロレタリア文学の雑誌『種蒔く人』を創刊。のち『文藝戦線』同人となり、1927年労農芸術家連盟に参加。

著書[編集]

  • 『闇に悶ゆる 暁第1巻』 新潮社 1924
  • 『薄明のもとに 暁第2巻』 新潮社 1925
  • 『光に生きる 暁第3巻』 新潮社 1927
  • 『汽笛』 鉄道生活社 1928
  • 『プロレタリヤ恋愛観 如何に新しく恋愛すべきか』 世界社 1930
  • 『女工戦 新作長篇小説選集』 日本評論社 1930
  • 『如何に生くべきか 新人生観の確立』 大東出版社 1936
  • 『黎明に戦ふ』 春秋社 1936
  • 『苦の親鸞』 大東出版社 1937
  • 『青年と恋愛』 大東出版社 1937
  • 『小説松下村塾』 金星堂 1940
  • 前田正名』 新潮社 1943
  • 『稲の新品種の創選者阿部亀治』 日本出版社 1943 (近世日本興業偉人伝)
  • 『開田の光』 新潮社 1944
  • 『異郷の月』 偕成社 1949
  • 佐藤信淵 偉大なる先駆者』 信友社 1953
  • 『秋田県労農運動史』(編著)秋田県労農運動史刊行会 1954

復刊など

  • 『花塵録』 「種蒔く人」今野賢三青春日記 佐々木久春編 無明舎出版 1982.11
  • 『女工戦』 ゆまに書房 2004 (新・プロレタリア文学精選集)