鎌田逸郎

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

鎌田 逸郎(かまた いつろう、1897年明治30年)10月[1][2]1日[3] - 1980年昭和55年)9月4日[1][2][4])は、日本の実業家政治家参議院議員

経歴[編集]

岩手県[1][2]稗貫郡花巻町で鎌田元三郎の三男として生まれる[5][6]

1922年(大正11年)岩手製綿を設立して社長に就任[6]。1941年(昭和16年)3月、盛岡商工会議所常議員に当選[6]。その他、下台土地建物社長、岩手被服工業社長、岩手県商工経済会評議員、同県製綿工業組合理事長、全国製綿工業協同組合理事長、花巻電気鉄道取締役、東北振興燐寸取締役などを務めた[2][5][6]

1947年(昭和22年)4月の第1回参議院議員通常選挙全国区から出馬して当選(補欠、任期3年)し、その後、緑風会に所属して参議院議員を1期務めた[1][2]

1980年9月、心肺腎不全により盛岡市の石川外科クリニックで死去した(82歳)[4]

脚注[編集]

  1. ^ a b c d 『新訂 政治家人名事典』174頁。
  2. ^ a b c d e 『議会制度百年史 - 貴族院・参議院議員名鑑』284頁。
  3. ^ 『大衆人事録 第14版 北海道・奥羽・関東・中部篇』岩手5頁。ただし生年を明治20年としている。
  4. ^ a b 『現代物故者事典 1980〜1982』93頁。
  5. ^ a b 『人事興信録 第14版 上』カ126頁。
  6. ^ a b c d 『大衆人事録 第14版 北海道・奥羽・関東・中部篇』岩手5頁。

参考文献[編集]

  • 『新訂 政治家人名事典 明治~昭和』日外アソシエーツ、2003年。
  • 衆議院・参議院編『議会制度百年史 - 貴族院・参議院議員名鑑』大蔵省印刷局、1990年。
  • 『現代物故者事典 1980〜1982』日外アソシエーツ、1983年。
  • 人事興信所編『人事興信録 第14版 上』人事興信所、1943年。
  • 帝国秘密探偵社編『大衆人事録 第14版 北海道・奥羽・関東・中部篇』帝国秘密探偵社、1943年。