水橋藤作

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

水橋 藤作(みずはし とうさく、1895年明治28年)7月30日[1] - 1958年昭和33年)8月11日[2])は、昭和期の労働運動家政治家参議院議員

経歴[編集]

富山県上新川郡滑川町(中新川郡滑川町[1]を経て現滑川市)出身[注 1]。1921年(大正10年)郵便集配人として勤務[1][2]。その後、逓信事務官に任官[1][2]

戦後、労働運動に加わり、全逓信従業員組合(のちの日本郵政公社労働組合)に加盟し、全逓中央執行委員、全日本産業別労働組合会議(産別会議)中央執行委員などを務めた[1][2]

1947年(昭和22年)4月の第1回参議院議員通常選挙全国区から日本社会党公認で出馬して当選し[3]労働者農民党に転じ参議院議員に1期在任した[2]。その間、芦田内閣労働政務次官などを務めた[1][2]

脚注[編集]

注釈[編集]

  1. ^ 『議会制度百年史 - 貴族院・参議院議員名鑑』418頁では本籍東京都。

出典[編集]

  1. ^ a b c d e f 『人事興信録 第17版 下』み41頁。
  2. ^ a b c d e f 『議会制度百年史 - 貴族院・参議院議員名鑑』418頁。
  3. ^ 『国政選挙総覧 1947-2016』538頁。

参考文献[編集]

  • 人事興信所編『人事興信録 第17版 下』人事興信所、1953年。
  • 衆議院・参議院編『議会制度百年史 - 貴族院・参議院議員名鑑』大蔵省印刷局、1990年。
  • 『国政選挙総覧 1947-2016』日外アソシエーツ、2017年。