豊瀬禎一

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

豊瀬 禎一(とよせ ていいち、1917年大正6年)4月13日[1] - 2007年平成19年)2月9日)は、昭和期の教育者、労働運動家、政治家参議院議員筆名・冬欅[2]

経歴[編集]

福岡県[3]筑紫郡席田村下月隈(現福岡市博多区月隈)で生まれる[2]。1937年(昭和12年)福岡師範学校本科第二部を卒業[3][2]。その後、九州大学教育学部を修了した[3]

1937年、福岡市吉塚小学校[注 1]教諭に就任。以後、東住吉国民学校[注 2]、東光国民学校、馬出国民学校[注 3]で勤務[2]。戦後、福岡市立東光中学校教諭に就任した。また労働運動に加わり、福岡県教職員組合連合会長(1948-1949)、福岡県中学校教職員組合委員長(1949-1951)、第2代福岡県教職員組合委員長(1951-1953)を歴任した[2]。また、福岡県総評副議長(1951-1953)、同事務局長(1955-1957)を務めた[2]。その他、福岡県教育会長、日本教育会副会長、日本教職員組合九州地区協議会長、社会主義協会九州支局幹事などを務め[3]、福岡市教育研究員として『福岡市学校教育八十年誌』の編纂に携わった[3]

1953年(昭和28年)4月の第3回参議院議員通常選挙全国区から左派社会党公認で出馬して落選[4]。 1959年(昭和34年)6月の第5回通常選挙で全国区に日本社会党公認で出馬して当選し[5]、参議院議員に1期在任した[3]。この間、社会党文教部会長、同国会対策委員、参議院文教委員会理事などを務めた[2]。1965年(昭和40年)7月の第7回通常選挙に立候補したが落選した[6]

その後、1967年(昭和42年)から1975年(昭和50年)まで社会党福岡県本部書記長、同委員長に在任した[2]

著作[編集]

自叙伝
  • 豊瀬冬欅『冬の欅』冬の欅出版実行委員会、1980年。

著名な親族[編集]

脚注[編集]

注釈[編集]

出典[編集]

  1. ^ 『国会年鑑 昭和37年版』764頁。
  2. ^ a b c d e f g h 『鶴陽会史』255、262-263頁。
  3. ^ a b c d e f 『議会制度百年史 - 貴族院・参議院議員名鑑』364-365頁。
  4. ^ 『国政選挙総覧 1947-2016』544頁。
  5. ^ 『国政選挙総覧 1947-2016』547頁。
  6. ^ 『国政選挙総覧 1947-2016』550頁。
  7. ^ 『フジマナ.COM』僕の祖父を紹介します。

参考文献[編集]

  • 『国会年鑑 昭和37年版』国会年鑑刊行会、1962年。
  • 衆議院・参議院『議会制度百年史 - 貴族院・参議院議員名鑑』大蔵省印刷局、1990年。
  • 鶴陽会史編集委員会編『鶴陽会史』鶴陽会、1993年。
  • 『国政選挙総覧 1947-2016』日外アソシエーツ、2017年。