小川友三

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
日本の旗 日本の政治家
小川 友三
おがわ ともぞう
生年月日 1904年4月
出生地 埼玉県
没年月日 (1968-03-16) 1968年3月16日(満63歳没)
出身校 旧制明治薬学専門学校
(現・明治薬科大学
前職 薬剤師
所属政党 国民協同党→)
(親米博愛勤労党→)
(無所属→)
日本プジャード党

選挙区 全国区
当選回数 1回
在任期間 1947年5月3日 - 1950年4月7日
テンプレートを表示

小川 友三(おがわ ともぞう、1904年4月 - 1968年3月16日)は、日本実業家政治家。元参議院議員(1期)。

経歴[編集]

埼玉県出身。1921年に明治薬学専門学校(現:明治薬科大学)を卒業して薬剤師免許を取得し、保證堂薬局を開業。古物商・農業などを手がける一方で東京市議選府議選にも出馬し、昭和会から衆議院議員への立候補を目論んだ。1938年には中国への移住絡みの詐欺事件で逮捕されている[1]

戦後は国民協同党に入党。同党公認で1947年4月5日埼玉県知事選挙に出馬するものの、落選。直後に離党して自ら親米右翼の『親米博愛勤労党』を結成、同年4月20日第1回参議院議員通常選挙に親米博愛勤労党公認で全国区に立候補した。県知事選では3位に終わったが、参院選では地元の埼玉県での大量得票により定数100の中で79位に着け、3年任期議員として当選を果たす[2]

当初は院内会派緑風会に所属していたが、9月には脱会して無所属扱いとされ、日常生活問題に関した大量の質問主意書を内閣に提出して話題をさらった。その一方で議員会館を自らの製薬会社「サチ製薬」の商談や宣伝に使用したり、議員資格を使って統制下に置かれていた砂糖の横領や不正取得に関わるなど、その議員活動には批判も多かった。

親米博愛勤労党は、余勢を駆って1948年8月の群馬県知事選挙に親族の小川八千代を立候補させたのを手始めに、同年12月の第24回衆議院議員総選挙には、旧埼玉4区(高橋是孝、会社重役)、旧神奈川2区(中村聖子、母子寮長)、山梨県全県区(藤本直、著述業)、旧長野1区(渡辺万作、弁護士)、 旧岐阜2区(上島秀象、会社社長)、鳥取県全県区(後藤礼子、宿泊所経営)から候補を擁立したが、全員が下位落選した。

1950年4月3日、参議院本会議の予算案審議において小川は議長から許可を得て反対討論に立ったものの、冗漫で意味不明な発言内容を野次られた挙句、実際の採決では賛成票を投じた。この背信的日和見行為に対して国会内外で批判が高まり[3]、任期満了まで1ヶ月を残す4月7日に、参議院本会議において賛成118票、反対10票[4]をもって議員を除名された。これは参議院の歴史上、現在に至るまで唯一の除名であり、また戦後の国会でも川上貫一日本共産党所属衆議院議員大阪2区)と小川の二例しかない。

除名から約2ヶ月後の第2回参議院議員通常選挙に全国区から再出馬するが、当選ラインに遠く及ばず落選。その後も衆院選・参院選・埼玉県議選(北埼玉郡選挙区)に挑み続け、特に1955年第27回衆議院議員総選挙では、当時フランスで勃興していた右翼・反税ポピュリズム運動の影響を受け『日本プジャード党』を名乗ったが、55年体制の中に埋没し返り咲くことは無かった。

脚注[編集]

  1. ^ 1938年3月26日『読売新聞』朝刊「大陸めざす四人を天津に置去り 悪辣な時局詐欺師」
  2. ^ 第1回の選挙のみ上位50位までの任期を6年、51位から100位までを3年とした。
  3. ^ 小川自身も、日本社会党議員だった椎井康雄に院内で背負い投げで組み伏せられ殴打されている。(産経新聞1950年4月15日付記事)
  4. ^ なお、自由党は採決に加わらず、欠席している。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]