小林武 (政治家)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

小林 武(こばやし たけし、1906年11月3日 - 1987年4月4日)は、日本の政治家日本社会党参議院議員(2期)。日本教職員組合中央執行委員長。

経歴[編集]

北海道石狩郡石狩町(現:石狩市)出身。1928年北海道札幌師範学校(現:北海道教育大学札幌校)卒。帯広市立三条中学校等の教師を務め、1951年北海道教職員組合委員長、1953年日本教職員組合委員長に就任する。勤務評定闘争や学力テスト闘争を指導し、1958年には高知県で闘争反対の父母の集団暴行に遭い重症を負った[1]

日教組の日本社会党支持路線を決定し、1962年第6回参議院議員通常選挙全国区から日本社会党公認で立候補して当選。以来2期務める。国会内では参議院建設委員長を歴任した。1974年に引退。1987年死去。

人物[編集]

新東京国際空港(現・成田国際空港)の一坪共有地の名義人の1人であった[2]

著作[編集]

  • 『教育の証言』〈三一新書〉三一書房、1967年。

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ 明治~昭和, 20世紀日本人名事典,367日誕生日大事典,新訂 政治家人名事典. “小林 武とは” (日本語). コトバンク. 2021年6月17日閲覧。
  2. ^ 第065回国会 予算委員会 第7号”. 国会会議録検索システム. 国立国会図書館. 2019年2月4日閲覧。

参考文献[編集]

議会
先代:
田中一
日本の旗 参議院建設委員長
1971年 - 1972年
次代:
沢田政治