柳川宗左衛門

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

柳川 宗左衛門(宗左衞門、やながわ そうざえもん、1895年明治28年)7月11日[1] - 1978年昭和53年)11月8日[2][3][4])は、明治末から昭和期の地主、農業経営者、醤油醸造家、実業家政治家衆議院議員参議院議員

経歴[編集]

茨城県[2][3][4]鹿島郡若松村大字柳川新田[5]波崎町を経て現・神栖市)で、農業、醤油醸造業、先代・柳川宗左衛門の長男として生まれる[6]。1911年(明治44年)家督を相続し、農業、醤油醸造業を営む[3][4][6]。1913年(大正2年)東京市の京北中学校(現・東洋大学京北中学高等学校)を卒業した[2][3][4]

父が小作人のために設立した産業組合、柳川信用販売組合を継承し発展させた[5]。その他、茨城県信用組合連合会副会長、同購買販売組合連合会専務理事、若松郵便局長、全国購買組合連合会専務理事、全国農業経済会専務理事、茨城県農業会理事、全国農業会長、農林中央金庫理事、茨城県経済連合会長、日本肥料監査役、日本原麻監査役、日本瓦斯木炭監査役、農機具配給監査役、茨城相互銀行社長、柳川本店代表取締役などを務めた[2][3][4][6]

1943年(昭和18年)12月、第21回衆議院議員総選挙・茨城県第1区補欠選挙で当選し[7]日本進歩党に所属し衆議院議員に1期在任した[3][4]。戦後、1947年(昭和22年)4月の第1回参議院議員通常選挙全国区から無所属で出馬して当選し[4][8]緑風会に所属したが[2]公職追放となり[9]参議院議員を辞職した[2]

脚注[編集]

  1. ^ 衆議院『第八十四回帝国議会衆議院議員名簿』〈衆議院公報附録〉、1944年、11頁。
  2. ^ a b c d e f 『議会制度百年史 - 貴族院・参議院議員名鑑』433頁。
  3. ^ a b c d e f 『議会制度百年史 - 衆議院議員名鑑』670-671頁。
  4. ^ a b c d e f g 『新訂 政治家人名事典』637頁。
  5. ^ a b 「柳川宗左衛門殿」『時の人』。
  6. ^ a b c 『人事興信録 第14版 下』ヤ41-42頁。
  7. ^ 『官報』第5087号、昭和18年12月27日。
  8. ^ 『国政選挙総覧 1947-2016』538頁。
  9. ^ 総理庁官房監査課編『公職追放に関する覚書該当者名簿』日比谷政経会、1949年、一般該当者名簿752頁。公職追放の該当事項は「翼政公議候補翼賛体制協議会構成員」。

参考文献[編集]

  • イハラキ時事社編輯局編『時の人』イハラキ時事社、1939年。※頁付無し
  • 人事興信所編『人事興信録 第14版 下』人事興信所、1943年。
  • 衆議院・参議院『議会制度百年史 - 貴族院・参議院議員名鑑』大蔵省印刷局、1990年。
  • 衆議院・参議院『議会制度百年史 - 衆議院議員名鑑』大蔵省印刷局、1990年。
  • 『新訂 政治家人名事典 明治~昭和』日外アソシエーツ、2003年。
  • 『国政選挙総覧 1947-2016』日外アソシエーツ、2017年。