来馬琢道

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search

来馬 琢道(くるま たくどう、1877年11月28日 - 1964年7月10日)は、日本僧侶参議院議員(1期)。東京出身。仏前結婚式の創始者ともされる。

来歴・人物[編集]

来馬立道西有穆山に師事。1900年、浅草の曹洞宗万隆寺に晋山し、翌年曹洞宗大学を卒業。仏教青年伝道会に携わり、自坊で「仏前結婚式」の導師を務めるなど多彩な活動を行なう。1911年にはシャムの皇帝戴冠式に出席。曹洞宗宗議会議長、教学部長、庶務部長、顧問など宗内の重要ポストに就き、『曹洞宗全書』の編纂に尽力。1932年には大陸に渡り満洲内蒙古の宗教事情を調査した。日朝親善協会会長なども務めた。晩年には大本山永平寺の西堂となった。

政治家としては浅草区議会議員を経て第1回参議院議員通常選挙無所属全国区で立候補し当選。緑風会に所属した。

主著[編集]

  • 『各宗高僧伝』鴻盟社、1900
  • 『承陽大師御一代記』鴻盟社、1905
  • 『禅門宝鑑』鴻盟社、1911

このほか、雑誌「仏教」の主幹でもあった。

参考文献[編集]

  • 『激動の日本政治史』阿坂書房、1979年。
  • 『現代仏教を知る大事典』金花舎、1980年。
  • 『議会制度百年史 貴族院・参議院議員名鑑』大蔵省印刷局、1990年。