穂積真六郎

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
穂積真六郎
ほづみ しんろくろう
Hozumi Shinrokuro.jpg
生年月日 1889年6月30日
出生地 日本の旗 日本 東京府東京市牛込区
(現東京都新宿区
没年月日 (1970-05-23) 1970年5月23日(80歳没)
出身校 東京帝国大学法科大学政治科卒業
(現東京大学法学部
前職 朝鮮商工会議所会頭
所属政党無所属→)
緑風会
称号 従四位
配偶者 穂積敏子
親族 祖父・渋沢栄一(貴族院議員)
叔父・阪谷芳郎(大蔵大臣)
叔父・穂積八束(貴族院議員)
父・穂積陳重(枢密院議長)
兄・穂積重遠(貴族院議員)
義兄弟・石黒忠篤(農商大臣)
従弟・阪谷希一(貴族院議員)

選挙区 全国区
当選回数 1回
在任期間 1947年5月3日 - 1950年5月2日
テンプレートを表示

穂積 真六郎(ほづみ しんろくろう、1889年明治22年)6月30日[1] - 1970年(昭和45年)5月23日[2])は、朝鮮総督府官僚参議院議員

経歴[編集]

東京府東京市牛込区(現在の東京都新宿区)出身[1]第二高等学校を経て[3]1913年大正2年)、東京帝国大学法科大学政治科を卒業し、翌年に高等文官試験に合格した[1]。朝鮮総督府試補、同事務官京畿道財務部長、釜山税関長、新義州税関長、総督官房会計課長、財務局税務課長、総督官房外事課長などを経て、殖産局長に就任した[1][4]

1941年(昭和16年)に退官した後は、京城電気株式会社取締役、京城商工会議所会頭、朝鮮商工会議所会頭を務めた[4]

1947年(昭和22年)、第1回参議院議員通常選挙に出馬し、当選を果たした。

栄典[編集]

親族[編集]

  • 穂積陳重 - 父。男爵。東京帝国大学教授。枢密院議長。
  • 穂積歌子 - 母。歌人。渋沢栄一長女。
  • 穂積重遠 - 兄。男爵。東京帝国大学教授。貴族院議員。
  • 穂積律之助 - 兄。海軍造船少将。
  • 芳賀矢一 - 妻・敏子の父。東京帝国大学教授。國學院大學学長。
    • 尾高朝雄 - 敏子の妹の夫。朝雄の母・文子は歌子の異母妹であり、朝雄と真六郎は従兄弟でもある。

脚注[編集]

  1. ^ a b c d 輓近大日本拓殖史 1934.
  2. ^ 戦前期官僚制研究会編『戦前期日本官僚制の制度・組織・人事』東京大学出版会、p.204、1981年。
  3. ^ 秦郁彦 1981, 483頁.
  4. ^ a b 人事興信録 1943.
  5. ^ 『官報』第2191号「叙任及辞令」1934年4月24日。

参考文献[編集]

  • 『輓近大日本拓殖史』日本行政学会、1934年。 
  • 人事興信所編 『人事興信録 第14版(下)』人事興信所、1943年。 
  • 戦前期官僚制研究会 編 『戦前期日本官僚制の制度・組織・人事』秦郁彦、1981年。