松本治一郎

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
日本の旗 日本の政治家
松本 治一郎
まつもと じいちろう
Jiichiro Matsumoto.JPG
松本治一郎
生年月日 1887年6月18日
出生地 日本の旗 日本 福岡県福岡市(旧・豊平村)
没年月日 (1966-11-22) 1966年11月22日(満79歳没)
出身校 錦城中学校中退
前職 松本組社長
全国水平社中央委員会議長
初代部落解放同盟執行委員長
初代日中友好協会会長
所属政党 社会大衆党→)
翼賛政治会→)
(無所属→)
(日本社会党→)
(無所属→)
左派社会党→)
日本社会党
配偶者 生涯独身
親族 甥・松本英一
養孫・松本龍(英一の長男)
姪の長女の夫・楢崎弥之助
姪の孫・楢崎欣弥

在任期間 1947年5月20日 - 1949年2月24日
議長 松平恒雄

選挙区 全国区
当選回数 4回
在任期間 1947年5月3日 - 1949年2月24日
1953年5月3日 - 1966年11月22日

選挙区 福岡県第1区
当選回数 3回
在任期間 1936年2月21日 - 1945年12月18日
テンプレートを表示
1953年4月24日に行われた第3回参議院議員通常選挙で当選したときの松本治一郎、世界通信より

松本 治一郎(まつもと じいちろう、1887年6月18日 - 1966年11月22日)は日本政治家実業家部落解放運動を草創期から指導し、部落解放同盟からは「部落解放の父」と呼ばれる[1]。堂々たる顎髭の風貌から「オヤジ」と呼ばれ親しまれた。

経歴[編集]

福岡県那珂郡金平村(現在の福岡市東区馬出)に生まれる。出生名は松本 次一郎[2]。父・次吉(村会議員)、母・チエの末子(五番目の子)で、上には兄二人(上から治七、鶴吉)、姉二人がいた[3]。治一郎は後年、60歳のとき「私は被圧迫部落貧農の子として生まれた」と語っている[4]。父・次吉は貧しい暮らしを少しでも向上させようと、すすんで副業(履物下駄雪駄など)の製造・販売)にも取組んだ[4]。次吉はそれら履物の原材料となる桐の木や竹の皮を仕入れて売る仲買の仕事をして現金収入を得ていた[4]。次吉は村全体が貧しい中で、よく働き、村の中では比較的「上位」の立場にいた[4]

1900年に住吉高等小学校を卒業後、私塾の粕屋学園や京都の旧制干城中学校(後に廃校)を経て上京し、旧制錦城中学校(現在の錦城高等学校)を中退

1907年大連へ渡り、大道易者や偽医者として生計を立てる。1910年、日本総領事に強制送還されて帰国。

1911年、土建業松本組を創業。配下には高松弥太郎などの九州きっての暴れん坊たちが揃っており藤田五郎の「九州やくざ者」では敵対した組の通夜の夜、殴りこんだ松本組が敵の家屋を瞬時にして「文字通りの」廃材の山としたとする記述がある。

1921年、筑前叫革団を結成。同年、福岡藩初代藩主黒田長政三百回忌に際して半強制的に記念祭費用の寄付が割り当てられようとしたのを「被差別者の子孫に寄付を割り当てるとは何事か」と抗議運動を実施、任意寄付に切り替えさせる。

1923年、九州水平社の委員長となる。1925年全国水平社中央委員会議長に就任。

1926年より福岡連隊差別事件への糾弾闘争を指導。また被差別部落民が苦しんでいるのは徳川幕府に責任があるとの思想から、1927年徳川家達公爵への爵位返上勧告闘争を指導。のち、徳川公爵暗殺未遂の罪によって懲役4ヶ月の実刑判決を受け、下獄する。なお、この闘争に影響された人物が後に徳川邸に放火、全焼させている。

1929年、福岡連隊爆破陰謀事件で懲役3年6ヶ月の実刑を宣せられ、再び下獄する。

1936年から衆議院議員(当選3回)。当選早々に衆議院で「不当に特権を得ている華族の存在が部落民が不当な差別を受ける原因であり部落解放のためには華族制度を廃止すべし」と質問した(当時は二・二六事件の直後であり、陸軍大臣伯爵寺内寿一であった)[5]

1940年斎藤隆夫反軍演説による衆議院議員除名に反対し、本会議を欠席。所属する社会大衆党党首の安部磯雄鈴木文治片山哲西尾末広水谷長三郎らとともに、書記長麻生久により党員除名処分となる。

1942年衆議院議員翼賛政治体制協議会推薦で当選。これは政府がカムフラージュとして押しつけ的に推薦したといわれるが[6]鳩山一郎三木武吉といった自由主義的議員は非推薦で当選しており、戦後松本が公職追放された際にも「翼賛会推薦議員」というのが理由の一つになっている。

1946年、翼賛議員であったことから一旦公職追放されるが、連合国軍最高司令官総司令部からの「松本と尾崎行雄の2人は真の民主主義者だ、絶対に立候補させねばならぬから松本の追放を解除し今日中に立候補できるよう手配せよ」との通告によりまもなく解除[6]GHQと密接につながり、巨万の富を蓄えた特殊慰安施設協会(RAA)の経営陣の一人であった[7]。 しかし公職追放は解除されたものの時の外務大臣・吉田茂の妨害によって第22回衆議院議員総選挙への立候補届出には間に合わず、翌年の第1回参議院議員通常選挙に立候補することになる[6]。その間に部落解放全国委員会委員長に就任する。

1947年参議院議員で初当選(当選4回)。初代参議院副議長に就任。日本社会党左派の平和同志会の領袖として知られた。なお、副議長就任の経緯について治一郎本人は「部落出身の自分を議長にしないために保守派の連中が緑風会をつくって第一党にしてそこから議長(松平恒雄)を出した。衆議院でも参議院でも選挙の時には社会党が第一党だったのだから、本来衆議院議長が社会党の松岡駒吉になったように、私が部落出身でなければ私が参議院議長になっておったはずなんだ」と徳川夢声との対談で語っている。

1948年参議院初代副議長時代、天皇への「カニの横ばい」式拝謁を拒否した(カニの横ばい拒否事件)。しかし、その後で内閣総理大臣となった吉田によって、再度公職追放される(この時はレッドパージ)。1951年に追放解除。

1953年日中友好協会初代会長に就任。

1955年、部落解放全国委員会を部落解放同盟と改称し、初代執行委員長に就任。

1964年勲一等授与の対象者に選ばれたが拒否。

1966年に死去するまで、部落解放運動の中心人物であり続けた。

人物像[編集]

「偽医者」問題[編集]

大連滞在当時、松本が「大日本国一等軍医監」を名乗って偽医者を続けていたことにつき、部落解放同盟は『松本治一郎伝』の中で「行く先々で近代的医療から見放された人々から歓迎され」た[8]と記しているが、金静美は「もし、松本治一郎が、日本帝国主義者の中国侵略に批判的であったなら、『大日本国一等軍医監』と自称することはできなかっただろう」「松本は、日本侵略軍に所属する医者であるかのようにふるまい、中国民衆を『治療』し、金銭を得ていた。あやまった『医療』は、しばしば人命にかかわることがある。松本はなぜ、中国では、このような詐欺をおこない、日本ではおこなわなかったのだろうか」[9]と松本の中に中国人に対する差別意識があると批判している。もっとも、松本自身は「私は打診聴診はできないけれども、視診なら今でも自信がある」と後年語っていたという[10]。なお日本の刑法上は、松本の行為は医師法違反ならびに詐欺罪(人体に有害な偽薬を投与したり外科手術を施したりしていれば傷害罪)にあたる。

戦争協力問題[編集]

1942年4月、福岡県第一区の候補に翼賛政治体制協議会から推薦されて立候補したときは、選挙公報の中で「仕事の為には汗を流せ、人の為には涙を流せ、御国の為には血を流せ」「お互は飽くまで米英を打倒し、アングロサクソンの世界制覇を覆滅すべく、一億一心国を挙げて老も若きも鉄火の一丸となり、如何なる困難の中にも突入し且つ此れを突破して、必勝不敗の態勢を完成せねばなりませぬ」と挨拶した[11]。 翼賛議員としては、東條政権による朝鮮人徴兵法案(「兵役法中改正法律案」)の法制化に賛成(1943年2月12日)。1943年6月14日、天皇主義的な議員集団「八日会」の結成に発起人の一人として参加[12]中野正剛赤尾敏らと共に結成式に出席し、「激励的発言」をおこなった[13]。 「大東亜戦争」の開始日(1941年12月8日)に由来する名称を持つこの八日会の「信条」は、「我等は一切の行動を国体の本義に発す」「我等は大詔を奉戴し断じて戦ひ断じて勝つの信念を以て行動す」というものであった。帝国議会予算委員としては戦時予算の全てに賛成するなど積極的に戦争協力していたが[14]、敗戦後は突如として軍国主義を指弾する側に転じ、「私は戦争中は全水運動と共に、反戦的な言葉をつねに洩らし戦争の負けることを語つていた」[15]、「私はいつも反戦的な思想を表明していたわけであつた」「私は根つからの反軍国主義者であり、民主主義者である」[16]と語るようになった。

1953年1月1日ビルマラングーンでひらかれたビルマ社会党主催のアジア社会党大会歓迎市民大会で日本社会党左派の代表者として演説。このとき「日本は経済的発展をとげるにつれて、自からが天皇制フアツシズムによつて侵略者にかわり、あの悪魔のような戦争をまき起しアジヤの多くの国に多大の犠牲と損害とをあたえたのであります。勿論、われわれ社会主義者はこの戦争に対して反対したのでありますが」[17]と述べ、やはり自らの戦争協力の過去を偽った。

この点について、吉本隆明1971年6月3日、「6・3政治集会(共産同政治集会)」(豊島公会堂)での講演で次のように批判している。

部落解放同盟やその同伴者は、蔭でこそこそ悪口をたたきながら、真正面から戦いを挑むことができないわけです。

部落解放同盟が、戦争中に、ごく普通の生活者以上に、如何に積極的に戦争遂行のイデオロギー的尖兵と化したかという問題を何ら反省せず、ほうかぶりして、ぬけぬけと戦後にやって来て、『差別解放運動ひたすら数十年』などという神話をつくりあげ、いまだに『言葉の使い方が悪い』などというつまらぬことを摘発して、もともと何の存在価値もない進歩知識人を脅すことを商売にしているというような閉鎖性を自ら作り出しているのです。

もちろん、解放同盟の心理的規制(ママ)というのは、よく理解できるのですけれども、しかし、最も差別されて、かつ、最も閉鎖的であるが故に、その衝動性が、逆に普通より以上に、権力に迎合していこうとする、いわば、『逆転の契機』というものを持っているという問題に対して、何ら反省なく、自然に戦後にすべりこんでいることが重要な問題だと僕には思われます。

問題は、論理的一元論、ないしは、差別構造自体を内部から固定化し共同化しようとすることのなかに、『理念の逆転』の契機がふくまれていることです。[18]

福岡空港利権問題[編集]

板付飛行場(今の福岡空港)の拡張を予想して周辺の土地を買占め、それを空港用地として国に貸し付けた。地権者の筆頭である松本一族らへの地代総額は年間80億円にも達するという[19]。福岡空港の土地建物借料は日本全国の空港の中でも突出して高額であり[20]、この結果、福岡空港は毎年67億円の赤字を出している[21]。松本が空港建設に先立って周辺用地を買い占めたのは、彼が衆議院議員としての立場を利用し、空港建設計画に関する情報を事前に入手していたためとも指摘されている[21]

一族[編集]

生涯を通じて独身を保った。このため、妻子はいない。博多芸者を落籍して妾宅を構え、腹心の者にも絶対の秘密にしていたが、やがて水平社同人に妾の存在が露見して話題にされ「この問題の段になると主義主張の手前、何となく恥しそうな顔をするとの話があった」[22]と伝えられる。

甥の松本英一を養子として迎え、自身が創業した土建業松本組を継がせている。英一の子・松本龍衆議院議員。その弟・松本優三は松本組社長。

また、衆議院議員の楢崎弥之助は被差別部落出身ではなかったが治一郎の姪の長女と結婚[23]。その息子が衆議院議員の楢崎欣弥である[23]

治一郎の妹は井元麟之と結婚[24]野本武一の長女は井元の甥と結婚している[24]

語録[編集]

  • 「不可侵不可被侵(侵さず侵されず)」[25]
  • 貴族あるところ賎族あり。」[26]
  • は飲まない。タバコは吸わない。バクチをしない。帯しないし、女性を買わないネクタイをしない」(この五戒を若い頃は別として生涯堅持したという)[27]
  • 「権力と闘ってきた私を、なんと考えておるのか。天皇から叙勲式とか親授式とか、そんなことができるなら、この松本の闘争は存在しなかったはずだ。勲章を欲しがり、権威をふりまわそうとする。この考えが部落差別を残すことにつながっている」(勲一等拒否の弁)[28]
  • 「私の闘ってきた相手は君ではない。君の背後にあるものだ。君が悪かったと反省しているならそれでよい」(戦後になってわびを入れてきた元刑事に)[29]

選挙歴[編集]

当落 選挙 施行日 選挙区 政党 得票数 得票率 得票順位
/候補者数
比例区 比例順位
/候補者数
第1回参議院議員通常選挙 1947年4月20日 全国区 日本社会党 415,494 ' 4/258 - -
第3回参議院議員通常選挙 1953年4月24日 全国区 左派社会党 368,985 ' 7/234 - -
第5回参議院議員通常選挙 1959年6月2日 全国区 日本社会党 426,586 ' 22/123 - -
第7回参議院議員通常選挙 1965年7月4日 全国区 日本社会党 548,022 ' 27/99 - -
当選回数4回 (参議院議員4)

作品[編集]

銅像[編集]

  • 福岡県部落解放センター(福岡市)

脚注[編集]

  1. ^ 【建設】松本龍氏落選の衝撃~建設業界の変化に左右された福岡1区”. ネットアイビーニュース (2012年12月20日). 2015年5月24日閲覧。
  2. ^ 徳川公爵暗殺陰謀事件の大審院判決(1926年(れ)第1974号)に「土木請負業治一郎事 松本次一郎」とある。『部落問題・水平運動資料集成』第1巻、329頁。
  3. ^ 福岡県人権研究所著『西日本人物誌(16) 松本治一郎』20頁。
  4. ^ a b c d 福岡県人権研究所著『西日本人物誌(16) 松本治一郎』21頁。
  5. ^ 高山文彦「水平記」下巻、P29、新潮文庫
  6. ^ a b c 「世界伝記大事典5 日本・朝鮮・中国編」(ほるぷ出版、1978年
  7. ^ 『正論』2011年9月号「折節の記」
  8. ^ 『松本治一郎伝』p.24
  9. ^ 金、pp.451-452
  10. ^ 「松本治一郎」P48
  11. ^ 金『水平運動史研究──民族差別批判』pp.352-353
  12. ^ 金、pp.637
  13. ^ 『特高月報』1943年6月分、pp.36-39
  14. ^ 金、pp.355-359
  15. ^ 1947年の発言。松本治一郎「荊冠旗は血に染む 水平社運動廿五年」、『政界ジープ』ジープ社、1947年9月、p.6
  16. ^ 1948年の発言。松本治一郎「衆議院より参議院へ」、松本治一郎・部落解放全国委員会『部落解放への三十年』近代思想社、1948年、p.204、p206
  17. ^ 松本治一郎「全アジア水平運動のために ビルマからインドへ」(一)、『部落』第40号、1953年2月、pp.9-10
  18. ^ 講演「『世界─民族─国家』空間と沖縄」(『敗北の構造―吉本隆明講演集』弓立社、1989年)
  19. ^ 正論』2011年9月号「折節の記」
  20. ^ グラフで見る空港別収支の内容
  21. ^ a b 福岡空港、67億円の赤字、松本組 ジェイシーネット。
  22. ^ 『部落問題・水平運動資料集成』第1巻、217頁。
  23. ^ a b 岩尾清治『遺言・楢崎弥之助…命ひとすじ』p.50
  24. ^ a b 丸山友岐子『解放への飛翔』(部落解放同盟埼玉県連合会)181頁
  25. ^ 部落解放新書1・松本治一郎対談集(解放出版社)
  26. ^ 井上清/北原泰作・著『部落の歴史―物語・部落運動解放史』理論社。同文中で“人間神を作るために人間獣が作られる”と解説されている
  27. ^ 「松本治一郎」P49
  28. ^ 「松本治一郎」P252
  29. ^ 「松本治一郎」P200

参考文献[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

議会
先代:
創設
日本の旗 参議院副議長
初代:1947年 - 1949年
次代:
松嶋喜作