高山文彦 (作家)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
本来の表記は「髙山文彦」です。この記事に付けられた題名は技術的な制限または記事名の制約により不正確なものとなっています。
高山 文彦
(たかやま ふみひこ)
誕生 工藤 雅康
(くどう まさやす)
(1958-03-07) 1958年3月7日(63歳)
日本の旗宮崎県高千穂町
職業 ノンフィクション作家
高千穂あまてらす鉄道代表取締役
国籍 日本の旗 日本
ジャンル ルポルタージュ
評伝
代表作 『火花 北条民雄の生涯』
主な受賞歴 第31回大宅壮一ノンフィクション賞
第22回講談社ノンフィクション賞
デビュー作 『いのちの器』
親族 高森文夫(岳父)
テンプレートを表示

高山 文彦(たかやま ふみひこ、本名・工藤 雅康(くどう まさやす)、1958年3月7日 ‐ )は、日本ノンフィクション作家宮崎県高千穂町出身。

来歴・人物[編集]

宮崎県立高千穂高等学校卒業。法政大学文学部哲学科を学費未納で除籍となる。

製薬会社やNTV映像センターを経て、大下英治の事務所に入り、1992年に独立。1993年、「死者が語る佐川急便事件」(「プレジデント」2月号)で注目される。

犯罪を犯した少年に対しては同情的だが、実名を書いて人権侵害として訴えられてしまったことがある。結果的には勝訴したものの、その矛盾は日本の実名報道に対し疑問を投げかけることとなった。

また、高千穂町出身であることもあり、高千穂あまてらす鉄道(神話高千穂トロッコ鉄道から社名変更)の代表取締役として、高千穂線の復活に尽力している。

長渕剛との交流もあり、1994年リリースのベストアルバム『いつかの少年』にてライナーノートを執筆した。その後、1996年リリースのアルバム『家族』では、タイトルナンバーの「家族」の共同での作詞を手がけている。

小学館ノンフィクション大賞選考委員。

受賞歴[編集]

著書[編集]

単著[編集]

編著[編集]

共著[編集]

論文[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 冒頭「灰皿はすぐに吸い殻の山となった。」(単行本10頁)で始まる本書には、ところどころに小説風の記述がある。単行本409頁の「参考文献について」によれば、集英社刊『中上健次全集』全15巻、就中、高澤秀次「年譜」および高澤秀次『評伝中上健次』ほか「膨大な文献資料」を参考にしているという。
  2. ^ 日本経済新聞』『産経新聞』『朝日新聞』『毎日新聞』『読売新聞』に書評が掲載された(「エレクトラ-中上健次の生涯」〈タブ「基本情報」に記載〉、さいたま市図書館。2020年10月18日閲覧)。

外部リンク[編集]