高山文彦 (作家)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
本来の表記は「髙山文彦」です。この記事に付けられた題名は、技術的な制限により、記事名の制約から不正確なものとなっています。
高山 文彦
(たかやま ふみひこ)
誕生 工藤 雅康
(くどう まさやす)
1958年3月7日
日本の旗宮崎県高千穂町
職業 ノンフィクション作家
高千穂あまてらす鉄道代表取締役
国籍 日本の旗 日本
ジャンル ルポルタージュ
評伝
代表作 『火花 北条民雄の生涯』
主な受賞歴 第31回大宅壮一ノンフィクション賞
第22回講談社ノンフィクション賞
デビュー作 『いのちの器』
テンプレートを表示

高山 文彦(たかやま ふみひこ、本名工藤 雅康(くどう まさやす)、1958年3月7日‐ )は、日本ノンフィクション作家宮崎県高千穂町出身。

来歴・人物[編集]

宮崎県立高千穂高等学校卒業。法政大学文学部哲学科を学費未納で除籍となる。

製薬会社やNTV映像センターを経て、大下英治の事務所に入り、1992年に独立。1993年、「死者が語る佐川急便事件」(「プレジデント」2月号)で注目される。

犯罪を犯した少年に対しては同情的だが、実名を書いて人権侵害として訴えられてしまったことがある。結果的には勝訴したものの、その矛盾は日本の実名報道に対し疑問を投げかけることとなった。

また、高千穂町出身であることもあり、高千穂あまてらす鉄道(神話高千穂トロッコ鉄道から社名変更)の代表取締役として、高千穂線の復活に尽力している。

長渕剛との交流もあり、1994年リリースのベストアルバム『いつかの少年』にてライナーノートを執筆した。その後、1996年リリースのアルバム『家族』では、タイトルナンバーの「家族」の共同での作詞を手がけている。

小学館ノンフィクション大賞選考委員。

受賞歴[編集]

著書[編集]

単著[編集]

編著[編集]

  • 『少年犯罪実名報道』(2002年、文藝春秋)

共著[編集]

  • 『サヨナラだけが人生だ 随想集「プロムナード」2』(2002年、恒文社21) 共著・安野光雅高橋源一郎
  • 『それからのわたし』(2004年、飛鳥新社) 語り:清水秀子
  • 『日本人への遺言』(2007年、講談社→2010年、講談社文庫)対談:城山三郎 
  • 『対論 部落問題』(2008年、平凡社新書)共著:組坂繁之
  • 『日本人が忘れた日本人の本質』(2017年、講談社+α新書)対談:山折哲雄

論文[編集]

外部リンク[編集]