北條秀一

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

北條 秀一(北条、ほうじょう しゅういち / ひでいち[1]1904年明治37年)5月31日[2] - 1992年平成4年)8月23日[3])は、日本実業家政治家郷土史家引揚者団体全国連合会理事長、参議院議員(1期)、衆議院議員(1期)、日本国有鉄道顧問を歴任した。

人物[編集]

兵庫県城崎郡竹野村(現豊岡市竹野町竹野)の宮大工の家に生まれる。竹野小学校を経て、1924年神戸商業学校を卒業し、東京商科大学(現一橋大学予科に入学。大学では自治組織・一橋会総務理事を務めたが、1929年大山郁夫へ献金を行ったとして逮捕された。1930年大学卒業[2]。同年南満州鉄道に入社。1932年満鉄調査部経済調査会に配属される。参与兼総務課長を経て、理事に就任。

1945年日本の降伏後は引揚者団体全国連合会を設立し、理事長として引揚者支援にあたる。その後1947年第1回参議院議員通常選挙全国区から無所属で立候補して当選する[4]。のちに緑風会に入る。1950年第2回参議院議員通常選挙で落選[5]1955年第27回衆議院議員総選挙において東京7区から日本社会党(右派)公認で立候補したが落選[6]1958年第28回衆議院議員総選挙で当選[6]。引揚者への救済資金給付を実現した。その後、民主社会党に移り、1960年第29回衆議院議員総選挙で落選[6]1963年1967年に続けて立候補したが落選した[6]

1974年に帰郷し、『竹野郷外史』の出版や、竹野小学校支援に従事。1992年没。竹野小学校に碑が残る[7][8][9]。このほか香住小型運送(株)代表取締役を務めた[2]

脚注[編集]

  1. ^ 『議会制度百年史 - 衆議院議員名鑑』568頁。
  2. ^ a b c 『日本人事録 第6版』全国篇、818頁。
  3. ^ 『新訂 政治家人名事典 明治~昭和』545頁。
  4. ^ 『国政選挙総覧 1947-2016』538頁。
  5. ^ 『国政選挙総覧 1947-2016』541頁。
  6. ^ a b c d 『朝日選挙大観』484頁。
  7. ^ 「北條秀一」公益財団法人たんしん地域振興機構
  8. ^ 「北條 秀一」神商同窓会
  9. ^ 「オウエンから一橋へ : 消費組合の成立と展開」一橋大学

参考文献[編集]

  • 『日本人事録 第6版』全国篇、中央探偵社、1963年。
  • 『新訂 政治家人名事典 明治~昭和』日外アソシエーツ、2003年。ISBN 9784816918056
  • 衆議院・参議院編『議会制度百年史 - 衆議院議員名鑑』大蔵省印刷局、1990年。
  • 朝日新聞選挙本部編『朝日選挙大観』朝日新聞社、1997年。
  • 『国政選挙総覧:1947-2016』日外アソシエーツ、2017年。