松本英一 (参議院議員)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
日本の旗 日本の政治家
松本 英一
まつもと えいいち
生年月日 1921年1月5日
出生地 福岡県福岡市
没年月日 (1994-07-19) 1994年7月19日(満73歳没)
出身校 明治大学
前職 福岡県庁職員
松本治一郎議員秘書
松本組代表取締役社長
福岡県青年同盟委員長
部落解放同盟中央委員
所属政党 (日本社会党→)
左派社会党→)
日本社会党
称号 参議院永年在職議員
政治学士
親族 養父・松本治一郎
長男・松本龍

選挙区 全国区→)
比例区
当選回数 5回
在任期間 1968年7月8日 - 1994年7月19日
テンプレートを表示

松本 英一(まつもと えいいち、1921年大正10年〉1月5日 - 1994年平成6年〉7月19日)は、日本政治家、部落解放運動家、土木建築業者。松本治一郎の甥で養嗣子にあたる。元衆議院議員松本龍の父。元参議院議員

経歴[編集]

福岡県福岡市馬出出身。実父は松本治一郎の長兄の松本治七。

福岡県立福岡工業学校建築科を卒業し、1940年福岡県庁職員となる。

1943年明治大学専門部政治経済科卒業。1945年第二次世界大戦終了後に日本社会党結成に参加、1946年福岡県青年同盟を結成し委員長に就任する。

1947年にはおじの松本治一郎の秘書となった。1953年、家業である土建業松本組の職員となり1960年部落解放同盟福岡県連合会副委員長となった。1966年、松本組取締役社長に就任する。この年治一郎が死去している。

1967年に部落解放同盟中央委員となり1968年第8回参議院議員通常選挙に全国区から出馬し初当選、以後全国区・比例区から5回連続当選を果たした。日中友好協会福岡県連合会顧問などを歴任した。

1994年7月19日、参議院議員在職中に死去した。73歳没。

家系図[編集]

                     
                          ┏━龍
            松本治一郎━━(養子)英一 ┃ 
                       ┃  ┣━治郎(18歳で急死)
                       ┣━━┫
                       ┃  ┣━優三
                      瑠璃子 ┃
                          ┗━めぐみ