福間知之

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

福間 知之(ふくま ともゆき、1927年9月20日 - 2000年1月7日)は、日本政治家参議院議員(3期)。日本社会党に所属し、派閥は政構研であった。

略歴[編集]

松下電器労組委員長、初代IMF-JC(全日本金属産業労働組合協議会)議長、電機労連中央執行副委員長を経て、1974年第10回参議院議員通常選挙全国区に無所属(電機労連の組織内候補)で立候補し、初当選[1]。その後、日本社会党に入党。

1986年、日本社会党政策担当中執[2]

1992年第16回参議院議員通常選挙に立候補せず政界引退。

1997年、勲二等旭日重光章受章[3]

2000年、死去。

著書[編集]

  • 『国民のための政権戦略』(21総合研究所,1992年)

関連項目[編集]

  • 中村正男 - 電機労連出身の元民主党衆議院議員。
  • 平野博文 - 松下電器産業出身の民主党衆議院議員。

脚注[編集]

[ヘルプ]