青山正一

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
青山正一
あおやま しょういち
生年月日 1905年2月9日
出生地 日本の旗 日本 石川県
没年月日 (1972-06-06) 1972年6月6日(67歳没)
出身校 中央大学法学部
前職 日ソ漁業対策協議会副会長
所属政党無所属→)
自由党→)
自由民主党

選挙区 全国区
当選回数 2回
在任期間 1947年5月3日 - 1959年5月2日
テンプレートを表示

青山 正一(あおやま しょういち、1905年明治38年)2月9日[1] - 1972年昭和47年)6月6日[2][3])は、昭和期の水産業関係者、実業家政治家参議院議員

経歴[編集]

石川県出身[2][3]中央大学法学部修了した[2][3]

農林省嘱託、京都水産業会長、京都漁業組合連合会長、京都商工会議所参与、全国漁村同盟委員長、財団法人水産研究会理事、京都水産 (株) 会長、大日本水産会理事、日本定置網漁業組合理事、日本旋網漁業協会副会長、日ソ漁業対策協議会副会長などを務めた[2][3]

1947年(昭和22年)4月の第1回参議院議員通常選挙全国区から無所属で出馬して初当選し[2][4]、1953年(昭和28年)4月の第3回通常選挙で全国区から自由党公認で出馬して再選され[5]、参議院議員に連続2期在任した[2][3]。この間、第4次吉田内閣北海道開発政務次官参議院法務委員長などを務めた[2][3]。1959年(昭和34年)6月の第5回通常選挙に全国区から自由民主党公認で立候補したが落選した[6]

脚注[編集]

  1. ^ 『大衆人事録』第19版、東日本篇、11頁。
  2. ^ a b c d e f g 『新訂 政治家人名事典 明治~昭和』8頁。
  3. ^ a b c d e f 『議会制度百年史 - 貴族院・参議院議員名鑑』235頁。
  4. ^ 『国政選挙総覧 1947-2016』538頁。
  5. ^ 『国政選挙総覧 1947-2016』544頁。
  6. ^ 『国政選挙総覧 1947-2016』548頁。

参考文献[編集]

  • 『大衆人事録』第19版、東日本篇、帝国秘密探偵社、1956年。
  • 衆議院・参議院『議会制度百年史 - 貴族院・参議院議員名鑑』大蔵省印刷局、1990年。
  • 『新訂 政治家人名事典 明治~昭和』日外アソシエーツ、2003年。
  • 『国政選挙総覧 1947-2016』日外アソシエーツ、2017年。
議会
先代:
山本米治
日本の旗 参議院法務委員長 次代:
野本品吉