円山雅也

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

円山 雅也(まるやま まさや、1926年10月19日 - 2004年12月)は日本弁護士、元参議院議員

来歴・人物[編集]

東京府東京市京橋区(後の東京都中央区京橋)出身。父は日本弁護士連合会会長も務めた円山田作

1950年日本大学法学部を卒業後、司法試験に合格。翌々1952年には判事補となる。1956年に退官し弁護士登録、東京弁護士会所属。「円山雅也法律相談事務所」(後の「円山法律事務所」)を設立。以後メディアを中心にわかりやすい法律解説で人気を集め、1975年から日本テレビ系で開始されたテレビ番組テレビ3面記事 ウィークエンダー』では番組監修を務めただけでなく自らも解説者として出演しており、同番組が円山の知名度を上げるきっかけとなりタレント弁護士の草分け的存在となる。

1977年には第11回参院選において新自由クラブ公認で全国区から出馬し当選、参議院議員となる。その後自由民主党に転じるも全国区制が廃止され比例代表制が導入された。1983年第12回参院選で落選した。

落選後の1985年12月頃、顧問を務めていた会社の依頼を受け、同社が販売する抵当証券のための推薦文を書き、顔写真や「前参議院議員」等の経歴とともに同社に渡したが、これらが顧問弁護士の肩書きを付けられ一般消費者向けの広告に掲載された。円山は推薦文を書くに当たって同社の事業内容や営業活動、推薦文の利用方法について調査・確認しておらず、広告に掲載されたことを知った後もこれを放置し、十分な対応を行わなかった。この結果同社の詐欺的商法に利用され、抵当証券を購入した多数の客が損害を被ったとして1991年12月、東京弁護士会より業務停止1ヶ月の処分を受けた。この処分の後、自民党を離党している。

その後進歩党に入党し、同党公認で参院選神奈川選挙区から2回出馬するも当選できず、政界を引退。弁護士活動に専念した。

法律に関する著書も多数。また小説も執筆、『妻は告白する』(1961年)・『大悪党』(1968年、原題『悪徳弁護士』)は映画化もされた。

2004年12月、死去[1]

政歴[編集]

  • 1977年 参議院議員(全国区)新自由クラブ公認で当選
    • 法務政務次官
  • 1983年 参議院議員(比例区)自民党公認で落選
  • 1989年 参議院議員(神奈川選挙区)進歩党公認で落選
    • 進歩党副代表
  • 1992年 参議院議員(神奈川選挙区)進歩党公認で落選

関連人物[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 典拠詳細 - 立川市図書館