西園寺公一

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
1948年

西園寺 公一(さいおんじ きんかず、明治39年(1906年11月1日 - 平成5年(1993年4月22日)は、日本政治家参議院議員外務省嘱託職員、太平洋問題調査会理事など歴任した。

生涯[ソースを編集]

生い立ち[ソースを編集]

明治39年(1906年)11月1日、公爵西園寺家の嫡男として神奈川県に誕生した。祖父は西園寺公望、父は公望の養子西園寺八郎(実父は旧長州藩主で・公爵毛利元徳)で、母は公望の娘・新である。

学習院初等科を経て、1924年東京高等師範学校附属中学校(現・筑波大学附属中学校・高等学校)を卒業。附属中の同級生には、朱牟田夏雄(東大名誉教授)、春山泰雄(元サッカー日本代表)などがいた。その後、イギリスオックスフォード大学へ留学。ここでマルクス主義の洗礼を受ける。昭和5年(1930年)、オックスフォード大学を卒業した。

戦前[ソースを編集]

1931年に日本へ帰国。父八郎から宮内省入りを勧められたが頑として拒絶。東京帝国大学大学院に在学中、外務省の試験を受けて失敗。「英語は素晴らしくよくできたが、日本式の答案にはまるで不慣れ」だったのが原因だったが、これを聞いた近衛文麿は「折角きてくれるというのに、なんてもったいないことをするんだろう」と外務省の官僚主義を嘆いた[1]外務省嘱託職員を務めていたが、有資格者ではなかったため冷遇されて辞職し、1936年にはグラフ雑誌『グラフィック』の社長に就任。

同年7月、カリフォルニアヨセミテ太平洋問題調査会の第6回大会が開かれることとなり、オックスフォード時代の顔見知りで内閣書記官を務めていた牛場友彦の誘いにより日本代表団の書記として渡米。このとき、牛場から引き合わされて公一と同じ船室に入ったのが牛場の第一高等学校時代の同級生尾崎秀実だった。尾崎とは帰路も同室になっている[2]

中国の秘密結社について研究しており、中国における共産主義運動に関心を持っていた。このため、のちにゾルゲ事件に連座して逮捕された際にも、中国共産党員との交渉ルート確保のために執行猶予で保釈された可能性があると言う意見もある[3]

1937年近衛文麿内閣が成立すると、近衛のブレーン「朝飯会」の一員として軍部の台頭に反対し、対英米和平外交を軸に政治活動を展開した。また「汪兆銘工作」にも参画、「自立した新政権」の樹立を目指したが、結果としては軍部の意向が強く反映された政権となった。

昭和15年(1940年)9月には再度外務省嘱託職員となり、対米戦争回避のための努力を行った。この時期、松岡洋右外相に同行してヨーロッパを訪問、スターリンヒトラームッソリーニとも会っている。昭和16年(1941年)7月には、内閣嘱託に。近衛首相より、日米交渉について、陸海軍の意見調整を図る、という任務が与えられた。

逮捕[ソースを編集]

同年10月に風見章が主催する昼食会の席上で、尾崎秀実の逮捕を知る(ゾルゲ事件)。尾崎秀実とは共に近衛内閣のブレーンとしてさまざまな情報交換を行っていた上に、それ以外にも立場を利用して得た国家機密を流していたことから自らもスパイ容疑で逮捕され、その後裁判で禁錮1年6月、執行猶予2年の判決を受けた。このため嫡男としての爵位継承権を剥奪され、1946年に父・八郎が死去したあとの家督を弟の不二男に譲ると共に、西園寺家の相続権を放棄することとなった。

戦後[ソースを編集]

『グラフィック』誌の仲間と共に『世界画報』を創刊。また、新設プロ野球球団である「セネタース」(現在の北海道日本ハムファイターズ)のオーナーを短期間務めた。1947年には参議院議員選挙に出馬して当選。しかし肝臓ジストマに侵されていた公一は参院で欠席の記録を作り、議員としては見るべき活動ができず、2回目の参院選には落選。昭和29年(1954年)には京都市長選挙に出馬して落選する。

1955年にはウィーンで開かれた世界平和評議会に日本代表として出席し、そのままウィーンの評議会の本部に書記として単身滞在、かの地で3年間を過ごす。この間、1957年に世界平和評議会の大会をセイロンで開くことになって中華人民共和国に相談に立ち寄った際、同国から「人民交流」の日本側の窓口となる人物の推薦を頼まれたことがきっかけで同国の「民間大使」となる[4]

中華人民共和国への移住[ソースを編集]

日本に帰国してから間もなく、家族を連れて中華人民共和国へ移住、日中文化交流協会常務理事等として北京にて国交正常化前の日中間の民間外交に先駆的役割を果たした。アジア太平洋地域平和連絡委員会副秘書長としての月給は500元(毛沢東の月給は600元)と大臣クラスの待遇だった[5]

昭和33年(1958年)には日本共産党に入党するも、のちに日中共産党が不和となった結果、文化大革命初期の昭和42年(1967年)2月に北京滞在中に「日本人の勤労人民としての生活経験をもたず、中華人民共和国においても、社会主義の政府によって与えられている特恵的な生活になれて」、「特定の外国勢力に盲従して、分裂と破壊活動に狂奔するようになった」(『赤旗』)旨を以て除名処分となる。

追放と失脚[ソースを編集]

文化大革命による混乱の中でその出自と「実権派」と親しいとされた立場について強い非難を受けたことから、1970年8月に12年7ヶ月ぶりに日本へ帰国。事実上の追放であった。以後国内で言論活動を行い、中国共産党や毛沢東、江青等を賞賛。さらに自らが文化大革命の中で中華人民共和国を事実上追放されたにもかかわらず、文化大革命を礼賛する言動を続けたため、疑念と批判を受けた。

既に文化大革命中よりその言動に対して多方面から批判を浴びていたが、文化大革命が終結したことでその実情が暴かれたことで、西園寺の主張が完全に的外れなものであることが証明された。さらにその後中華人民共和国内で文化大革命に対する批判がされた後は、完全に言論人としての立場を失った(後述)。

晩年[ソースを編集]

かつての文化大革命礼賛者はその後宗教団体やカルト的団体に接近する者が少なくなかったが[6]、西園寺も晩年は子息とともに創価学会寄りの姿勢を見せるようになる。入会こそしなかったものの、外部の理解者として[7][8]、影響力を誇示しようとしていたようである。一方の創価学会にとっても組織の「権威付け」には重宝な人物であった[9]

平成5年(1993年)4月22日、老衰のため86歳にて死去。

評価[ソースを編集]

中国共産党寄りだった姿勢や、言論人として主張が変節したことについては批判を受けている[10]。北京時代の公一については「中国の忠実な代弁者」、「昔、ハイファイを直訳して、高忠実度音響再生装置といったが、役柄としては、そのハイファイである」[11]とも、また「北京の吉良上野之介[11]とも評されている。

日中間に国交が無かった当時、イギリス植民地である香港経由で中共政府を訪れた日本人は、まず北京の西園寺邸を訪れた。そのとき、「『新中国』でいかに振舞うべきか粗相のないよう示唆を与える」のが公一の役目だったからというのである。

公一は、文化大革命開始当初にいち早くこれを支持し、毛沢東・江青夫妻や、のちに失脚する林彪などを礼賛した[12]

また文化大革命の意義、意味を疑問視する保守派政治家や言論人、中華民国台湾)関係者を非難する言動を繰り返していた。その上に西園寺の言動は中華人民共和国内で文革の宣伝・扇動にも用いられた。しかし次第に自らもその出自と立場を攻撃されることとなり、1970年に日本に半ば追放される形で逃げ帰ることとなった。

さらに昭和51年(1976年)の毛沢東の死後、文革が終結し、華国鋒によって江青ほか四人組が逮捕されると西園寺はその態度を一変させた[13]。更に昭和56年(1981年)、江青らに死刑判決が下ると早速これを支持し、かつては絶賛していた江青を非難するに至った[14]

家族[ソースを編集]

妻の西園寺雪江は新橋の芸者屋「河辰中」の芸妓だった時、牛場友彦を介して公一と知り合い、2年間の年季を勤め上げお礼奉公を済ませた後で公一と明石町で結婚(当初は事実婚)した(1941年)。二人の間には長男一晃(元朝日新聞記者)と次男彬弘(雪江堂株式会社勤務)の2子が誕生した。なお、1958年、北京移住の直前に戸籍上も入籍している[15]。雪江にも中国関係の著作がある。

また、外交官の武者小路公共は父方の叔母の夫。政治学者の武者小路公秀は義理の従弟にあたる。

著書[ソースを編集]

訳書[ソースを編集]

  • 『フライ・フィッシング Kaiko Ken’s Naturalist Books』エドワード グレイ(著)、西園寺公一(訳)(1985年、TBSブリタニカ)

脚注[ソースを編集]

  1. ^ 本田靖春『現代家系論』p.154(文藝春秋社1973年
  2. ^ 本田靖春『現代家系論』p.155(文藝春秋社1973年
  3. ^ リチャード・ディーコン『憲兵隊―日本の秘密警察史』
  4. ^ 本田靖春『現代家系論』p.166-167(文藝春秋社1973年
  5. ^ 本田靖春『現代家系論』p.165(文藝春秋社1973年
  6. ^ 文革礼賛派として積極的な言論活動を行った早稲田大学教授新島淳良は文革終結後教授を辞し、ヤマギシ会に入会している。
  7. ^ 西園寺一晃監修『周恩来池田大作2002年 朝日ソノラマ
  8. ^ 西園寺一晃ほか共著『インタビュー 外から見た創価学会』2006年 第三文明社
  9. ^ 創価学会に入信した元華族は少なくなかった。中でも池田大作の側近となり公明党参議院議員も務めた北条浩元創価学会会長、浩の叔父で同じく公明党参議院議員となった北条雋八元子爵が知られる(後北条氏)。戦国大名北条早雲の子孫が幹部を務めていたことは創価学会・公明党の権威付けに大きな効果をもたらした。また香淳皇后実兄久邇邦久侯爵の未亡人で、女優久我美子の大叔母でもある松浦董子が、苦しい暮らしの中熱心な信者であったことが董子死去時に紹介され話題となった。現・公明党衆議院議員池坊保子は創価学会員ではないが、父は元子爵梅渓通虎である。
  10. ^ 稲垣武『悪魔祓いの戦後史―進歩的文化人の言論と責任』文藝春秋 ISBN 4163491708
  11. ^ a b 本田靖春『現代家系論』p.167(文藝春秋社1973年
  12. ^ 西園寺は後に、「紅衛兵の活動には、とくにその初期においては、いろいろの行き過ぎがあったのを否むことはできない。しかし、紅衛兵運動は、無産階級文化大革命というまことに激しい、まことに厳しい革命の先駆である。いったい行過ぎのない革命などというものがありうるのか」「文革が進み、修正主義の道をゆく劉少奇一派の正体が暴露され、毛沢東路線の勝利が不動のものとなるにつれて、江青さんの声望は高まり、文革指導者の地位はゆるぎないものとなった」「江青同志の直接の指導のもとに、姚文元同志は、新作歴史劇「海瑞の免官」評ずという文章を書いたとある。姚文元のこの一文は文革の幕開けに重要な役割を果たしたものだ。江青さんの果たしている革命的役割がこのように大きいのと、その謙虚な清潔な人柄がアピールするのだろう」「文革については、毛主席の英明な指導はもちろんだが、林彪さんが国防部長になって以来の毛沢東思想による徹底した解放軍教育が、はかりしれない原動力だったとおもう」西園寺公一『北京十二年』朝日新聞社 1970年
  13. ^ 「四人組が打倒された直後、事の真相を知らされた私は、しばし呆然自失した」、「前の段階では考えられなかった新しい事態が発生している。帰国してとりあえず『北京十二年』の絶版を申し入れ、私の自己批判の糸口とした」日中友好協会機関紙『日本と中国』1979年10月1日
  14. ^ 「文革中、私たちは江青にだまされていた。彼女は文芸面の先駆者として振舞っていたが、四人組の逮捕の後、毛沢東主席の指示を装って彼女が犯した罪がいかに奥深いものだったか、わかってきた。裁判での江青の態度が立派だったという人もいるが、そんなのは浪花節で、私は死刑が当然だし、執行猶予もつけなかった方がかえってすっきりした。」『朝日新聞』1981年1月26日朝刊
  15. ^ 本田靖春『現代家系論』p.159-164(文藝春秋社1973年

関連項目[ソースを編集]