朝食会

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

朝食会ちょうしょくかい)は、近衛文麿内閣の政策研究会、政治勉強会。朝食を共にして議論が交わされたのでこの名が付けられた。「朝飯会あさめしかい)」とも。内閣総理大臣秘書官である牛場友彦岸道三、そしてゾルゲ事件で死刑を宣告された内閣嘱託尾崎秀実が主催した。牛場邸、万平ホテル、西園寺公爵邸で開かれ、近衛内閣の政策に大きな影響を与えた。「昭和研究会」と交わる部分がある。

概要[編集]

人選は牛場信彦岸道三があたり、当時の逸材の中から偏りがないように広く採用された。学者新聞記者評論家から人材を集めた。参加者は内閣書記官長風見章をはじめ、佐々弘雄白洲次郎細川嘉六平貞蔵松方三郎松本重治笠信太郎蝋山政道牛場友彦などである。またゾルゲ事件に関与した、尾崎秀実西園寺公一犬養健らも含まれた。 これらのメンバーは、昭和研究会の中心人物であり、近衛新体制運動の推進者でもあった。

経緯[編集]

第1次近衛内閣成立後まもなく、総理大臣秘書官の牛場友彦と岸道三が学者・新聞記者・評論家のうち、政治経済に明るい者たちを選別し、これらの人々から意見・情報を得るために夕食に招待し懇談を交わした。したがって、当初は夕食会であったといえる。はじめ招待されたのは、尾崎秀実、西園寺公一、佐々弘雄、平貞蔵、笠信太郎、蝋山政道、渡辺佐平であり、内閣書記官長の風見章が同席した。

尾崎秀実が内閣嘱託となると、牛場友彦と岸道三とが相談し、比較的時間の融通が利く朝8時ごろに開始することになった。昭和15年はじめ頃から、牛場、尾崎、西園寺、蝋山の知り合いであった同盟編集局長の松本重治も参加し、その前後に犬養健も10回ほど、松方三郎は2回ほど参加した。尾崎秀実はアジアやロシア、欧米の情報を提供することで近衛内閣の南進政策に大きな影響を与えた。

開催場所は、第1次近衛内閣時代に牛場友彦邸で数回、辞職後3ヶ月間は万平ホテルで2、3回、昭和14年4月から15年11月頃までは駿河台の西園寺公爵邸で数十回、その後は首相官邸で十数回開かれた[1]

脚注[編集]

  1. ^ ゾルゲ事件「尾崎秀実供述書」

参考文献[編集]

  • 伊藤隆『近衛新体制』
  • 伊藤隆『昭和期の政治』

関連項目[編集]