本田靖春

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

本田 靖春(ほんだ やすはる、1933年3月21日 - 2004年12月4日)は、日本のジャーナリスト、ノンフィクション作家。

来歴・人物[編集]

朝鮮京城生まれ。東京都立千歳高等学校早稲田大学政治経済学部新聞学科卒。高校時代の同級生に映画監督の恩地日出夫がいる。1955年、読売新聞社に入社。直後から社会部に在籍、朝日新聞社の深代惇郎とは同じ警察担当記者として接点があった。 1964年、売血の実態を抉った「黄色い血」追放キャンペーンは大きな反響を呼び、献血事業の改善につながった。その数々の功績から「東の本田、西の黒田」と称えられるエース記者だった。ニューヨーク支局勤務ののち、1971年、退社。フリーでルポルタージュを執筆し、1984年、売春汚職事件で一時逮捕された立松和博記者を取り上げた『不当逮捕』で第6回講談社ノンフィクション賞受賞。主な作品に、吉展ちゃん事件を取材した『誘拐』(1977)、金嬉老事件を取材した『私戦』(1978)がある。大宅賞選考委員も務めた。

2000年に糖尿病のため両脚を切断、大腸癌も患い、同年から『月刊現代』で「我、拗ね者として生涯を閉ず」の連載を開始、46回で中絶した。その綿密な取材は後続のノンフィクション作家たちの尊敬を集めていた。『本田靖春集』全5巻がある。趣味の麻雀は阿佐田哲也も賞賛した実力者で「昭和の雀豪」の一人。競馬ファンでもあり、日本中央競馬会の広報誌『優駿』に連載を持っていたこともある[1]

著書[編集]

  • 現代家系論 文藝春秋, 1973
  • 日本ネオ官僚論 正続 講談社, 1974
  • 私のなかの朝鮮人 文藝春秋, 1974 のち文庫
  • 世界点点-ニューヨークの日本人 講談社, 1975 副題を正題にして文庫
  • サンパウロからアマゾンへ 北洋社, 1976
  • 世界点点-裸の王国トンガ 講談社, 1976
  • 体験的新聞紙学 潮出版社, 1976
  • 消えゆくオリエント急行 北洋社, 1977 「オリエント急行の旅」と改題、潮文庫
  • 誘拐 文藝春秋, 1977 のち文庫、ちくま文庫
  • 私戦 潮出版社, 1978 のち講談社文庫
  • K2に憑かれた男たち 文藝春秋, 1979 のち文庫
  • 栄光の叛逆者 小西政継の軌跡 山と渓谷社, 1980
  • 村が消えた むつ小川原農民と国家 潮出版社, 1980 のち講談社文庫
  • ドキュメント脱出 4600キロ・イランからの決死行 PHP研究所, 1982
  • ちょっとだけ社会面に窓をあけませんか 読売新聞大阪社会部の研究 潮出版社, 1983 「新聞記者の詩」と改題、潮文庫
  • 花形敬とその時代 文藝春秋, 1983 のち文庫
  • 新・ニューヨークの日本人 潮出版社, 1983 のち講談社文庫
  • 不当逮捕 講談社, 1983 のち文庫、岩波現代文庫
  • ロサンゼルスの日本人 学習研究社, 1986
  • 警察(サツ)回り 新潮社, 1986 のち文庫
  • いまの世の中どうなってるの 文藝春秋, 1987
  • 「戦後」美空ひばりとその時代 講談社, 1987 のち文庫
  • 私たちのオモニ 新潮社, 1992
  • 評伝今西錦司 山と渓谷社, 1992 のち講談社文庫
  • 時代を視る眼 講談社, 1993
  • 本田靖春集 1-5 旬報社, 2001-02
  • 我、拗ね者として生涯を閉ず 講談社, 2005 のち文庫
  • 戦後の巨星二十四の物語 講談社, 2006

出典[編集]

  1. ^ 江面弘也. “競馬人間交差点 第11回三好徹&本田靖春 (PDF)”. 日本中央競馬会. 2015年9月25日閲覧。

関連項目[編集]