高田なほ子

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

高田 なほ子(たかだ なほこ、1905年明治38年)1月18日 - 1991年平成3年)5月19日[1])は、日本の教育者政治家平和運動家。参議院議員。旧姓・渡辺[2]

経歴[編集]

福島県信夫郡福島町(現福島市)で、裁判官[3]・渡辺晶、トヨ夫妻の三女として生まれる[2]福島県立福島高等女学校を経て[2]1922年福島県女子師範学校を卒業[1][2]。福島県伊達郡掛田尋常高等小学校訓導に就任[2]1924年に依願退職して勉学のため上京し、東京府東京都)下の小学校で勤務した[2]

1945年11月、日本社会党創立に際し党員となる[1]。同年12月、東京都教育労働組合の結成に参加[2]1947年4月、東京都品川区議会議員に当選し1950年まで在任[1][2]。1947年6月、日本教職員組合の結成に加わり初代婦人部長に就任[1][2]1950年5月、日教組婦人部長を辞任し、同年6月、第2回参議院議員通常選挙全国区から出馬して当選し、1956年7月の第4回通常選挙では全国区第3位で当選し、参議院議員を二期務めた[1][2][4]。この間、参議院法務委員会委員長、日本社会党婦人対策部長などを務め、売春防止法の成立に尽力した[2][4]

参議院議員退任後は、日本婦人会議議長、社会党中央執行委員・婦人局長、全国退職婦人教職員全国連絡協議会長、板橋区教育委員などを歴任[2][4]。また、世界各地の婦人会議に参加して原水爆禁止を訴えるなど平和運動に尽力した[1]

著作[編集]

  • 『母の願い』東京都教職員組合、1956年。
  • 『雑草のごとく』ドメス出版、1981年。

脚注[編集]

  1. ^ a b c d e f g 『現代物故者事典 1991〜1993』346頁。
  2. ^ a b c d e f g h i j k l 『扉をひらいた人』13-15頁。
  3. ^ 『雑草のごとく』24頁。
  4. ^ a b c 『議会制度百年史 - 貴族院・参議院議員名鑑』346頁。

参考文献[編集]

  • 『現代物故者事典 1991〜1993』日外アソシエーツ株式会社、1994年。
  • 退職婦人教職員全国連絡協議会編著『扉をひらいた人 : 高田なほ子と千葉千代世』第一書林、1992年。
  • 衆議院・参議院『議会制度百年史 - 貴族院・参議院議員名鑑』大蔵省印刷局、1990年。