三島通陽

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
三島通陽
みしま みちはる
Mishima Michiharu 1953.jpg
三島通陽(1953年)
生年月日 1897年1月1日
出生地 日本の旗 日本 東京府麻布区
(現東京都港区)
没年月日 (1965-04-20) 1965年4月20日(68歳没)
出身校 学習院中退
前職 小説家
劇作家
演劇評論家
現職 小説家
劇作家
演劇評論家
所属政党 (国民協同党→)
緑風会
称号 正三位
勲二等旭日重光章
藍綬褒章
配偶者 三島純
親族 祖父・三島通庸(栃木県令)
祖父・四条隆謌(貴族院議員)
父・三島彌太郎(貴族院議員)
義父・松岡均平(貴族院議員)
義弟・阪谷希一(貴族院議員)

選挙区 全国区
当選回数 1回
在任期間 1947年5月3日 - 1950年5月2日

在任期間 1929年12月21日[1] - 1947年5月2日[2]
テンプレートを表示

三島 通陽(みしま みちはる、1897年明治30年)1月1日 - 1965年昭和40年)4月20日[2])は、日本の小説家劇作家・演劇評論家。子爵貴族院議員・参議院議員。文部政務次官二荒芳徳とともにボーイスカウト運動を日本に広めた人物として知られる。東京麻布生まれ、学習院中退[3]。ペンネームに三島章道(みしま しょうどう)。

祖父は三島通庸。父は第8代日本銀行総裁を務めた三島弥太郎、母は四条隆謌侯爵の三女・加根子。妹・壽子の夫は阪谷希一、妹・梅子の夫は土方与志。妻は松岡均平の長女・純[4]。叔父に三島弥彦がいる。

1929年(昭和4年)、祖父通庸が山形県令だった時に起きた関山隧道開鑿工事に関わる爆発事故の慰霊碑に揮毫。今も旧48号線旧道に残っている。

ボーイスカウト運動[編集]

ボーイスカウト日本連盟初代理事長兼中央実修所所長を経て、ボーイスカウト日本連盟第4代総長。

  • 1920年(大正9年)、栃木県西那須野の三島地区でボーイスカウト活動を始め、那須野ボーイスカウトを設立。
  • 1922年大正11年)、後藤新平を中心として初の全国組織「少年団日本連盟」が結成されると、25歳で副理事長に選任される。妻の純は翌年、日本のガールガイドガールスカウト組織として、「日本女子補導団」を設立。
  • 1923年(大正12年)、那須野ボーイスカウトが少年団日本連盟に加入。
  • 1948年(昭和23年)、三島通陽、ボーイスカウト日本連盟理事長に就任。
  • 1950年(昭和25年)、栃木県西那須野町にあった三島家別邸の敷地約9万㎡と家屋をボーイスカウト日本連盟に譲渡。その地所は現在、ボーイスカウト日本連盟の常設野営場、那須野営場となっている。
  • 1951年(昭和26年)、全国総会において第4代総長に選出される。
  • 1953年(昭和28年)、ボーイスカウト日本連盟より功労章「きじ章」を贈られる。
  • 1959年(昭和34年)、藍綬褒章受章
  • 1961年(昭和36年)、英国ボーイスカウト連盟より功労章「ブロンズ・ウルフ章」を贈られる。
  • 1965年(昭和40年)
    • 2月25日から3月7日まで毎日新聞に「スカウト十話」を連載。これが絶筆となる。
    • 4月20日死去。叙・正三位勲二等旭日重光章受章。
    • 4月24日、日本連盟葬が執行された。

 なお、琵琶湖畔の雄松崎(滋賀県大津市)にある「日本ボーイスカウト初野営の地」の石碑の書は、三島の筆によるものである。

家族[編集]

  • 妻の純はガールスカウト会長。男爵松岡均平の長女[5]
  • 長女・昌子の入婿に三島義温(伯爵平田栄二の子、トヨタ南東京オート社長)。その長男三島通文はネミコン社長。
  • 二女の謹子は学習院女子部、清泉学院本科卒後、向山金雄(男爵向山均長男)の妻。
  • 三女・美弥子の夫に八馬啓

三島農場の経営[編集]

  • 1919年(大正8年)、三島彌太郎死去。三島通陽が家督を継ぐ。
  • 1931年(昭和6年)、三島農場、520haを解放。
  • 1933年~1936年、三島農場、290haを解放。
  • 1945年(昭和20年)、婿養子の三島義温が三島農場の経営にあたる。
  • 1947年(昭和22年)、三島農場、農地改革により残った土地のほとんどを手放す。
  • 1950年(昭和25年)、三島地区に所有している道路・水路・仏堂敷地・消防小屋・共同墓地などの土地を狩野村に寄付。
  • 1973年(昭和48年)、農場事務所の土地を狩野町に寄付。

著・訳・編書[編集]

  • 和譯孟子(1918年、大同館)
  • パトロールシステム(1925年、著:ローランド・フィリップス
  • 少年団指導者教範(Aids to Scoutmastership, 著:ロバート・ベーデン・パウエル
  • 満州及上海に正しき日本を観る 附國際聯盟と我裏南洋(1932年、東学社)
  • 世界少年団劇集(1933年、少年団日本聯盟)
  • 校外健児教育(1933年、著:ロアゾウ、少年団日本聯盟)
  • 日満健児工作(1934年、東学社)
  • 伊太利は奮起した(1939年、実業之日本社)
  • 少年団概論(1939年、著:ロアゾウ、教育研究会)
  • 世界児童劇集 附少年団劇集(1940年、章華社)
  • 戦時下の世界青少年運動(1940年、日本評論社)
  • 少年団指導の理念と実践(1942年、三學書房)
  • 音なき交響曲(1958年、宝文館)
  • 十人百話-9 ボーイスカウト十話(1965年、毎日新聞社)

映画[編集]

平和の勇士

歌劇[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 『貴族院要覧(丙)』昭和21年12月増訂、38頁。
  2. ^ a b 『議会制度百年史 - 貴族院・参議院議員名鑑』
  3. ^ 明治~昭和,367日誕生日大事典,20世紀日本人名事典, 新訂 政治家人名事典. “三島 通陽とは” (日本語). コトバンク. 2021年5月11日閲覧。
  4. ^ 平成新修旧華族家系大成』下巻(霞会館、1996年) p.671
  5. ^ 三島通陽『人事興信録』第8版 [昭和3(1928)年7月]

参考文献[編集]

  • 紅野敏郎「逍遥・文学誌 80 「舞台芸術」―川口尚輝・三島章道・菊岡進一郎・渡平民ら」『國文學:解釈と教材の研究』43(2)、學燈社、[1998]
  • 末永航「子爵、ドゥーチェと会う―三島章道」『イタリア、旅する心ー大正教養世代のみた都市と文化』青弓社、2005年、ISBN 978-4-7872-7196-9
  • 『貴族院要覧(丙)』昭和21年12月増訂、貴族院事務局、1947年。
  • 衆議院・参議院編『議会制度百年史 - 貴族院・参議院議員名鑑』大蔵省印刷局、1990年。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

日本の爵位
先代
三島彌太郎
子爵
三島家第3代
1919年 - 1947年
次代
華族制度廃止