高橋圭三

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
たかはし けいぞう
高橋 圭三
Keizo Takahashi 1959 Scan10012.jpg
プロフィール
出身地 日本の旗 日本 岩手県花巻市
生年月日 1918年9月9日
没年月日 (2002-04-11) 2002年4月11日(満83歳没)
血液型 A型
最終学歴 高千穂高等商業学校
(現:高千穂大学
所属事務所 圭三プロダクション
職歴 NHKアナウンサー(1942年12月31日 - 1962年1月7日)(札幌東京アナウンス室 うち最後の1年は専属契約
活動期間 1942年 - 2002年
家族 高橋了(長男、圭三プロダクション社長、1945年1月16日 - )
出演番組・活動
過去 のど自慢素人演芸会
ジェスチャー
私の秘密
NHK紅白歌合戦
新春かくし芸大会
輝く!日本レコード大賞』など
日本の旗 日本の政治家
高橋圭三
たかはし けいぞう
生年月日 1918年9月9日
出生地 岩手県花巻市
没年月日 2002年4月11日
死没地 東京都
出身校 高千穂高等商業学校
所属政党 無所属

選挙区 全国区
当選回数 1回
在任期間 1977年 - 1983年
テンプレートを表示

高橋 圭三(たかはし けいぞう、1918年9月9日 - 2002年4月11日)は、日本アナウンサー参議院議員(1期)。NHKを経て日本初のフリーアナウンサーへ転身した人物の一人である。作家の宮沢賢治とは遠縁にあたる[1]

略歴[編集]

アナウンサー以前まで[編集]

呉服店の三男[2][3]。幼い頃は病弱な子供であったという。花城尋常小学校(1931年3月)、組合立花巻中学校(1938年3月)、高千穂高等商業学校を卒業後[2][3][4]、1946年3月に富士電機へ就職。

NHKアナウンサー[編集]

日本初のフリーアナウンサーへ[編集]

  • 1961年 - NHKを退職。その後1年間は専属契約嘱託職と同じである)。
  • 1962年 - NHKとの契約解除後、日本初のフリーアナウンサーとして経て民放に転じたNHKアナウンサーの第1号となる[3]。その際、「管理職になってハンコなんか押せない。ハンコは誰でも押せるが、職人アナの代わりはいない。」「司会業の確立が夢でした。日本では司会は場つなぎだが、アメリカでは大切な職業」の思いから、テレビ界に「フリーアナウンサー」の概念を初導入した[3][2]圭三プロダクションを立ち上げ、社長業を務めながら多数の民放番組を担当する[3]

国会議員以降[編集]

  • 1977年 - 宮田輝と同じく、第11回参議院議員通常選挙の全国区に無所属で出馬し当選。当選後は自由民主党に所属し、1期務めた[4]
  • 1978年 - 数人の有志とともに社団法人「虹の会」を設立し理事長に就任[6]、老人ホームへの巡回・講演活動を行うなど福祉活動にも積極的に参加した[4]
  • 1983年 - 比例代表名簿導入後初の選挙となった第13回参議院議員通常選挙に2期目を目指して立候補したが落選。以降、年に数回の頻度のテレビ出演となる。
  • 1988年 - 長年の放送業界に対する貢献により、勲三等旭日中綬章を受章[3]
  • 1989年 - 無料アナウンス塾「圭三塾」を開講し後進の指導を続けた[3]
  • 1994年 - 岩手県人連合会の会長に就任、花巻まつりに毎年顔を出すなど、郷土の発展にも尽力。
  • 2000年9月 - 花巻まつりに参加。しかし帰郷した直後から風邪で体調を崩し入院、NHK時代に患った肺結核(後述)が再発[4]
  • 2002年4月11日 - 腎不全のため死去。享年83[4]

エピソード[編集]

NHKアナウンサー時代[編集]

様々な場面で多様な意味で使われる「どうも」が広まった説として、高橋が『私の秘密』で使っていた「どうも、どうも」という言葉や、認知度が高まり多くの人に声を掛けられる事が増えたものの、知人であっても名前が思い出せない、そもそも会ったのかさえ覚えていないという事が増え、相手を不快にさせないため「どうも、どうも」と言ってごまかしたという説がある[7]

フリーランス以降[編集]

1962年、NHK専属契約解除後、日本で初のフリーアナウンサーとなる。“日本初のテレビ情報誌”として、アメリカの『TV Guide』誌に範をとって創刊された『週刊TVガイド』の創刊号の表紙を飾っている[8]

日本初のワイドショー番組モーニングショー』(NET)は、当初、高橋をメインホストとすることで企画が進んでいたが、高橋は当時多忙を極めており、また、NHK時代に肺結核を患い長期療養を強いられた過去があり、自身の健康面に不安があったことを理由にこの話を辞退している。そして代わって抜擢されたのは同じNHK出身の後輩・木島則夫だった[9]

ピンク・レディーがレコード大賞を受賞した際の受賞曲披露の前に以下のコメントを述べて、ミーケイは感激の余り号泣した。

「美鶴代ちゃん、恵子ちゃん、おめでとう。今、あなた方が夢にまで見たレコード大賞を手にした。どうですか?感激でしょう。
この二人はご存知のようにデビュー以来、圧倒的な人気を誇り続けてまいりました。
しかし、その陰には、眠る時間も削って、
そして病をおして歌い続けたということを私たちは知っております。
しかもいつでも笑みをたたえ、そして、全力投球で歌いましたこの二人、その慎ましさ、優しさというものは、まさに現代の天使だろうと思うのでございます。
今、全国のお茶の間からちびっ子たちが先頭に立ってワァーッと拍手してるの聞こえませんか? どうですか? 聞こえるようでしょう?
どうぞ、今までどおりあなた方はちびっ子たちもそして私たちの幸せを思って、今までどおり歌って、天使としての任務を尽くしてください。
おめでとうございました!」

主な司会担当番組[編集]

担当番組[編集]

NHK
日本テレビ
TBS
フジテレビ
テレビ朝日
  • ゴールデン・アロー賞(1980年代中期まで)
    日本雑誌協会主催。授賞式特番が開始される1981年(1980年度)以前から司会を担当。高橋が亡くなった2002年度には同賞やテレビ・雑誌(先述「TVガイド」創刊号表紙)での貢献度を考えると、高橋に「特別賞」(1990年代以降、その年度に他界した芸能人の受賞が多かった)が贈られてもおかしくなかったところだが、同年度の特別賞は該当者なしだった。
東京12チャンネル
  • 心で歌う50年(1974年4月 - 1977年3月)
  • くらぶ圭三(1967年10月 - 1969年9月)
  • 圭三・歌うロマンスタジオ(1969年10月 - 1972年9月)
  • スター思い出のスタジオ(「歌うロマンスタジオ」の前座番組として放送、1971年4月 - 1972年9月)

その他[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]

注釈[編集]

  1. ^ 1942年のNHKアナウンサーの募集については2回実施[5]

出典[編集]

  1. ^ “高橋圭三さん、ミッチーの“父親”だった”. 夕刊フジ (産経新聞社). (2002年4月17日). http://www.zakzak.co.jp/geino/n-2002_04/g2002041707.html 2016年10月3日閲覧。 
  2. ^ a b c “訃報・高橋圭三さん”. 日刊スポーツ. (2002年4月13日). オリジナル2002年4月20日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20020420103445/http://www.nikkansports.com/jinji/2002/seikyo020413.html 2014年4月11日閲覧。 
  3. ^ a b c d e f g “昭和の語り部、高橋圭三さん死去”. スポーツニッポン (スポーツニッポン新聞社). (2002年4月13日). オリジナル2002年5月21日時点によるアーカイブ。. http://web.archive.org/web/20020521214035/http://www.sponichi.co.jp/entertainment/kiji/2002/04/13/03.html 2016年10月3日閲覧。 
  4. ^ a b c d e “人気アナウンサー・高橋圭三さん死去”. 夕刊フジ (産経新聞社). (2002年4月12日). http://www.zakzak.co.jp/geino/n-2002_04/g2002041209.html 2016年10月3日閲覧。 
  5. ^ 「NHKアナウンサー一覧」『アナウンサーたちの70年』 NHKアナウンサー史編集委員会、講談社、1992年12月21日、13-14頁。ISBN 4-06-203232-5
  6. ^ 人生のアルピニスト / 高橋圭三さん”. 「介護110番」総合案内. 2013年9月8日時点のオリジナルよりアーカイブ。2014年4月13日閲覧。
  7. ^ どうも!にほんご講座です。 - 2011年4月2日放送、第1課
  8. ^ 特別版① 思い出に残る“時代の顔”の数々 TVガイドが切り取ったテレビの53年”. インターネットTVガイド. 東京ニュース通信社 (2015年7月31日). 2016年10月3日閲覧。
  9. ^ 「第五章 テレビ新時代 モーニングショー時代の幕開け」『アナウンサーたちの70年』 NHKアナウンサー史編集委員会、講談社、1992年12月21日、252-253頁。ISBN 4-06-203232-5

関連項目・人物[編集]

参考文献[編集]

  • 『アナウンサーたちの70年』 NHKアナウンサー史編集委員会、講談社、1992年12月21日ISBN 4-06-203232-5