高橋博

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
たかはし ひろし
高橋 博
プロフィール
愛称 博さん(はくさん)
出身地 日本の旗 日本東京都中央区銀座
生年月日 1913年10月11日
没年月日 (1982-10-01) 1982年10月1日(68歳没)
最終学歴 日本大学文学部国文科卒業
職歴 NHKニッポン放送フジテレビ
活動期間 1936年 - 1968年
出演番組・活動
出演経歴 舞台中継

高橋 博(たかはし ひろし、1913年10月11日 - 1982年10月1日)は、芸能評論家、話芸家、アナウンサー日本演劇協会会員、日本大学芸術学部講師。愛称は、博さん(はくさん)[1]

経歴[編集]

銀座生まれ浅草育ち。1936年NHK入局(同期に志村正順等)[2]

学生時代から芝居好きで、脚本なども書き、芝居の世界との付き合いもあったせいもあり、主に舞台中継[1]、朗読[3]を担当。抑制した口調と独特の間の置き方で「語り」の世界を作り上げた[4][5]

敗戦後、戦意高揚に関わった責任を取ってNHKを辞職[6]1954年ニッポン放送へ移籍[1]。同時期に坂本荘中村要輔(両名ともNHKの後輩。当時はラジオ東京)とともに東北放送で教育も行った。

ニッポン放送初代アナウンス室長、フジテレビ初代アナウンス室長(1958年より)、ニッポン放送編成局編成総務、ニッポン放送嘱託(フジテレビ編成局付)を歴任。1968年にニッポン放送を退職。

1969年から1979年まで、断続的に(計7回)芸術選奨文部科学大臣賞(大衆芸能部門 )の審査員を務めた。

戸板康二の勧めから[4]「語り」を芸として確立したいという熱意のもと、「物語」の語り手として三越名人会鈴本演芸場国立演芸場などの舞台に立ち[7]、アナウンサー時代の名調子を聞かせたこともあった[1]立川談志からの評価も高かった。

1982年10月1日脳卒中のため、東京都台東区元浅草の永寿病院で死去。

担当作品[編集]

著書[編集]

関連人物[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b c d 「第四章 ラジオからテレビへ 朗読と舞台中継」『アナウンサーたちの70年』NHKアナウンサー史編集委員会、講談社、1992年12月21日、193頁。ISBN 4-06-203232-5
  2. ^ 「NHKアナウンサー一覧」『アナウンサーたちの70年』NHKアナウンサー史編集委員会、講談社、1992年12月21日、12頁。ISBN 4-06-203232-5
  3. ^ 「第四章 ラジオからテレビへ 朗読と舞台中継」『アナウンサーたちの70年』NHKアナウンサー史編集委員会、講談社、1992年12月21日、184頁。ISBN 4-06-203232-5
  4. ^ a b 早瀬圭一 (1990-05-25). 『過ぎし愛のとき』「伯爵夫人」本田寿賀. 文藝春秋. p. 148-149. ISBN 4163443002 
  5. ^ 村上陽一郎 (2020年8月10日). “エリートと教養 8 現代日本語考 3”. WirelessWire News. 2021年1月8日閲覧。
  6. ^
    アナウンサーの仕事も、もう続けて行けるとは思えなかった。はっきりと戦争協力者である。(中略)この際、辞職するのがほんとうと思われた。ぼくは我がままを云って、マイクから遠去かることにした — 本人著「アナウンサー」
  7. ^ 国立演芸場は昭和55(1980)年9月11日~20日、9月定席公演に出演。肩書は「物語」。
  8. ^ 露木茂『露木茂がおハナシします』扶桑社文庫、1994年4月1日、29-30頁。ISBN 978-4594013998
  9. ^ 塚越孝 (2005年12月3日). “12月3日”. 塚越孝のおはよう有楽町. つかちゃんコラム. ニッポン放送. 2020年12月28日閲覧。

参考文献[編集]

  • 『アナウンサーたちの70年』NHKアナウンサー史編集委員会、講談社、1992年12月21日。ISBN 4-06-203232-5