天皇・皇后と日清戦争

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
天皇・皇后と日清戦争
監督 並木鏡太郎
脚本 館岡謙之助
製作 山梨稔
製作総指揮 大蔵貢
出演者 嵐寛寿郎
阿部九洲男
信夫英一
江川宇禮雄
高田稔
丹波哲郎
音楽 江口夜詩
撮影 山中晋
公開 日本の旗 1958年3月14日
上映時間 121分
製作国 日本の旗 日本
言語 日本語
テンプレートを表示

天皇・皇后と日清戦争』(てんのうこうごうとにっしんせんそう)は、新東宝が製作し、1958年(昭和33年)3月14日に封切り公開した日本の戦争映画

あらすじ[編集]

1894年(明治27年)7月に起こった豊島沖海戦によって日清両国の緊張は頂点に達し、双方とも8月1日に宣戦を布告。近代化を進めていた日本と大国の清との戦いは日本側の有利で進むが、両国だけの問題ではすまず、列強は戦争の結果に干渉した。

概要・エピソード[編集]

日本の命運をかけた日清戦争に対する明治天皇の姿を描く大作映画。

前年の1956年(昭和31年)、経営不振の新東宝は、周りの反対を押し切った大蔵貢社長の指揮の下、製作費2億円をかけ、初めて銀幕に明治天皇を描いた超大作映画『明治天皇と日露大戦争』(渡辺邦男監督)を公開し、記録的大ヒットを飛ばして一気に負債を返済していた[1]

これに味をしめた大蔵社長は、柳の下の泥鰌を狙って矢継ぎ早に続く本作を企画。前作に続き明治天皇役を嵐寛寿郎に依頼。が、皇后役に愛人である高倉みゆきをあてたため、アラカンはこれに反発。「昭憲皇太后こんな人やない、まるでイメエジ違う」と意見したところ、大蔵社長はこれに激怒、「ワシの女やから気品がないというのか? よし、見ておれ!」と強引にこれを起用している[2]

大蔵貢は翌1959年(昭和34年)に、『明治大帝と乃木将軍』(小森白監督)を製作。『明治天皇と日露大戦争』、本作『天皇・皇后と日清戦争』と合わせ、天皇を描いたシリーズ三部作となっている。

キャスト[編集]

スタッフ[編集]

  • 監督 - 並木鏡太郎
  • 製作 - 山梨稔
  • 企画 - 伊藤基彦
  • 原作 - 大蔵貢
  • 脚本 - 館岡謙之助
  • 撮影 - 山中晋
  • 美術 - 加藤雅俊
  • 音楽 - 江口夜詩
  • 総指揮 - 大蔵貢

映像ソフト[編集]

  • 2001年7月25日にDVDが発売された[3]
  • 2002年には、『明治天皇と日露大戦争』『明治大帝と乃木将軍』を同時収録したDVD-BOX『新東宝名画傑作選DVD-BOX3 明治天皇3部作』が発売された[4]
※ 上記のほか、クラリオンソフトが「新東宝名画シリーズ」の一作としてVHSビデオ化したが、表題のみ「明治大帝と日清戦争」 と改めて発売された[1][2]。 

出典[編集]

  1. ^ 『幻の怪談映画を追って』(山田誠二、洋泉社)
  2. ^ 『聞書アラカン一代 - 鞍馬天狗のおじさんは』(竹中労、白川書院)
  3. ^ 「綴込特別付録 宇宙船 YEAR BOOK 2002」『宇宙船』Vol.100(2002年5月号)、朝日ソノラマ、2002年5月1日、 170頁、 雑誌コード:01843-05。
  4. ^ 「DVD & VIDEO Selection」『宇宙船』Vol.100(2002年5月号)、朝日ソノラマ、2002年5月1日、 102頁、 雑誌コード:01843-05。

外部リンク[編集]