本田寿賀

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ほんだ すが
本田 寿賀
プロフィール
愛称 お寿賀(おすが)
出身地 日本の旗 日本 千葉県
生年月日 (1925-01-28) 1925年1月28日
没年月日 (1985-06-12) 1985年6月12日(60歳没)
最終学歴 日本女子大学
職歴 NHK東京アナウンス室NHK大阪放送局→NHK東京アナウンス室
活動期間 1946年 - 1962年
配偶者 陸奥イアン陽之助
担当番組・活動
出演経歴 第3回NHK紅白歌合戦紅組司会、舞台中継

本田 寿賀(ほんだ すが、結婚後の姓は陸奥(むつ)、1925年(大正14年)1月28日[1] - 1985年(昭和60年)6月12日[2])は、元NHKアナウンサー

経歴[編集]

千葉県君津郡生まれ[1]日本女子大学卒業[2]。1946年、NHKに一般職員として入社後、同年戦後初のアナウンサー試験に合格、17期アナウンサーとなる。同期は野村泰治、のちに橋本登美三郎夫人となった後藤美也など。1953年1月2日放送の『第3回NHK紅白歌合戦』では、朗読の実績を買われて紅組司会に起用された[3]。『NHK紅白歌合戦』でNHKアナウンサーが紅組司会を務めるのは本田が初めてだった[注釈 1]。1956年7月から1961年8月まで大阪中央放送局勤務を経て再び東京勤務に戻る。1964年東京オリンピックでの実況中継を希望していたが、1962年に陸奥イアン陽之助との結婚で退社した[4][注釈 2]

1985年6月12日、すい臓がんのため、国立がんセンターで死去。葬儀は結婚式も行った霊南坂教会で執り行われた[2]

アナウンサーとしての前半生を中心としたその生涯については、早瀬圭一『過ぎし愛のとき―淑女の履歴書』(1990年文藝春秋ISBN 978-4163443003) の中の「『伯爵夫人』本田寿賀」に詳しい。

人物[編集]

NHKのアナウンサーの先輩高橋圭三は「実人生はタレントのように自分を前へ前へと押し出していたが、いったんマイクの前に立つと、不思議にそれが消えた」と評している[1]。また、NHK時代の後輩下重暁子によると「おしゃれで豪快な女性だった」とのことである[5]。なお、下重は結婚後の陽之助と寿賀から、陽之助の両親にあたる陸奥廣吉エセルの日記(英文)を見る機会を得て、寿賀没後にも取材を重ねて『純愛―エセルと陸奥広吉』(1994年講談社)を執筆した[5]

脚注[編集]

[脚注の使い方]

注釈[編集]

  1. ^ 過去2回は芸能人(加藤道子丹下キヨ子)が担当した。
  2. ^ 陽之助は寿賀と結婚する前に少なくとも2回結婚経験がある。また、寿賀と死別後、陽之助は92歳で再々婚している。

出典[編集]

  1. ^ a b c 早瀬圭一 (1990-05-25). 過ぎし愛のとき 「伯爵夫人」本田寿賀. 文藝春秋. p. 125-160 
  2. ^ a b c “陸奥寿賀さん死去”. 朝日新聞 (東京): p. 23. (1985年6月13日) 
  3. ^ 池井優『藤山一郎とその時代』、187頁。
  4. ^ 下重暁子『不良老年のすすめ』集英社文庫、2004年3月19日。ISBN 978-4087476811
  5. ^ a b 下重暁子 (2018年6月7日). “この道(54)純愛”. 東京新聞